2017年03月05日

扇の的B

お待たせしました。続きです。
〈本文〉
与一畏(かしこま)って申けるは、「射(ゐ)おほせ候はむ事不定(ふぢやう)に候。射損じ候なば、ながきみかたの御きずにて候べし。一定(いちぢやう)つかまつらんずる仁に仰(おほせ)付(つけ)らるべうや候らん」と申(まうす)。判官大にいかって、「鎌倉をたって西国へおもむかん殿原(とのばら)は、義経が命(めい)をそむくべからず。すこしも子細を存ぜん人は、とうとう是より帰らるべし」とぞの給ひける。与一、重ねて辞せばあしかりなんとや思(おもひ)けん、「はづれんは知り候はず。御定(ごぢやう)で候へば、つかまってこそみ候はめ」とて、御まへを罷立(まかりたつ)。黒き馬のふとうたくましゐに、小ぶさの鞦(しりがい)かけ、まろぼやすったる鞍置いてぞ乗ったりける。弓とりなをし、手綱かいくり、右はへむひてあゆませければ、みかたの兵(つはもの)共、うしろをはるかに見をくって、「このわかもの、一定つかまつり候ぬと覚(おぼえ)候
」と申ければ、判官もたのもしげにぞ見給ひける。
 矢ごろすこしとをかりければ、海へ一段ばかりうちいれたれども、猶(なほ)扇のあはひ七段ばかりはあるらむとこそ見えたりけれ。
ougi3.jpeg
〈juppo〉与一くんに少し動きが出てきて、ちょっとオリジナルと違う絵になってきています。ゆるキャラとしての与一くんはいつもにこやかな表情なんですが、義経の命令を聞きがならニコニコしているワケにもいかないので、それなりの顔つきになっていただきました。

 ここまでが、中学国語の教科書では解説で済まされている部分です。この次が、いよいよ与一の華麗なる弓の腕が披露される場面です。一刻も早くご披露したいと思っていますよ!

 一段(たん)、七段と、また距離を表す語が出てきています。ここでも、一段≒11メートルを採用しました。約によっては、微妙に差があって、一段=10メートル、七段=70メートルになっているのもあるようですが、まぁだいたいそのくらい、で読んでいただければどちらでも良いのかと思います。
 今回、一番アタマを悩ませたのは、与一の乗る馬の鞍です。「まろぼやすったる」の「まろぼや」は丸い「ほや」のことで、「ほや」が「やどり木」のことなんだそうです。やどり木を丸く図案化した文様がついた鞍、のようです。それは一体どんな鞍?と行き詰まっていろいろ調べましたが、結局よくわかりませんでした。西洋にもヤドリギの図案というのは結構ある、家紋にやどり木をモチーフにしたものもある、などの知識は増えたものの、鞍の全体像は分からないまま、結果的に意図せずして鞍はそれほど見えないアングルの絵になってしまいました。一応、鞍につけた模様はやどり木の家紋とかいうものを参考にしているんですけど、小さくてハッキリしないですね。

 次回、ついに扇の的を狙う与一くんの活躍をお楽しみに。
posted by juppo at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

扇の的A

続きです。とってもスペシャルなコトになっています!
〈本文〉
さも候へ、扇をば射させらるべうや候らん」と申(まうす)。「射つべき仁(じん)は、みかたに誰(たれ)かある」との給へば、「上手どもいくらも候なかに、下野(しもつけの)国の住人、那須(なすの)太郎資高(すけたか)が子に、与一宗高(よいちむねたか)こそ、小兵(こひやう)で候へども、手ききで候へ」。「証拠(しやうこ)はいかに」との給へば、「かけ鳥なんどをあらがうて、三(みつ)に二(ふたつ)は必ず射落(ゐおと)す物で候」。「さらば召せ」とて召されたり。
 与一、其此(そのころ)は、二十(にじふ)ばかりのおのこ也。かちにあか地の錦をもつて、おほくび・はた袖いろえたる直垂(ひたたれ)に、萌黄(もよぎ)をどしの鎧(よろい)着て、足じろの太刀をはき、切斑(きりふ)の矢の、其日のいくさに射て少々残つたりけるを、かしらだかに負ひなし、うす切斑に鷹の羽はぎまぜたるぬた目のかぶらをぞさしそへたる。しげどうの弓脇にはさみ、甲(かぶと)をば脱ぎたかひもにかけ、判官の前に畏(かしこま)る。「いかに宗高、あの扇のまんなか射て、平家に見物せさせよかし」。
ougi2.jpeg
〈juppo〉下野国は今の栃木県のあたりです。今回、このお話を描くために那須与一について調べている中で、栃木県大田原市のゆるキャラ「与一くん」の存在を知りました。今まで知らなくてゴメンなさい。
 与一くんの可愛さに釘付けになった私は、「これはこのキャラで話を進めるべきでは!?」と思い立ち、大田原市観光協会に出演依頼のメールを送ったところ、格別なお計らいにより、出演を快諾していただき、この度のコラボ作品が実現したというわけです。大田原市観光協会さま、与一くん、ありがとうございました!

 そんなわけで、那須与一について詳しく知りたい方は、こんなところにいないで是非大田原市のページを訪れてください。
 「小兵」というと今だと、「小兵力士」というのをよく聞きますよね。里山とか石浦とか、宇良くんとか。もともと、兵ですから大柄ではない兵士のことを指すわけですね。
 後半は主に、与一の装束が詳しく語られています。詳しく書かれてはいますけれど、まぁ与一くんのようなファッションだったと思っていただければ良いと思います。
 「足じろの太刀」とは、刀の鞘に紐をつける金具(足金物)が銀で出来ている、ということのようです。
 「切斑」は矢の羽の黒白の斑紋のことで、「薄切斑」はその黒白がぼんやりしているものだそうです。
 「かぶら」は「鏑矢(かぶらや)」のことで、矢の先に鏑と呼ぶキャップのような物をつけて、飛ばす時に大きな音が鳴るようにしたものです。形が野菜のカブラ(かぶ)に似ているのでこういうそうです。
 「たかひも」は、鎧の前後を肩の部分で結ぶ紐だそうです。
・・・などなど、それぞれ詳しく絵に描いてはいないのですが、皆さんも実際に甲冑を着て戦場に赴く機会でもなければ、気にする必要は生じないものかと思われます。

 判官義経に扇を示され「やっちゃえよ!」的なお言葉を得た与一くんの活躍が、次回は見られますかどうか、しばらく続きます。


大田原市観光協会
http://www.ohtawara.info/index.html

与一くんブログ
http://o-yoichi.jugem.jp
posted by juppo at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

扇の的@

あーもう1月も終わりなんですね〜。皆さん、明けましておめでとうございます。リクエストにお応えします。
〈本文〉
 さる程に、阿波(あは)・讃岐(さぬき)に平家をそむいて源氏をまちける物ども、あそこの峰、ここの洞(ほら)より十四五騎、二十騎うちつれうちつれ参りければ、判官ほどなく三百余騎にぞなりにける。「けふは日暮れぬ。勝負を決すべからず」とて、引退(ひきの)く処(ところ)に、おきの方より尋常(じんじやう)にかざったる小舟一艘(さう)、みぎはへむいてこぎよせけり。磯へ七、八段(たん)ばかりになりしかば、舟をよこさまになす。「あれはいかに」と見る程に、舟のうちより、よはひ十八、九ばかりなる女房の、まことにゆうにうつくしきが、柳のいつつぎぬにくれなゐのはかま着て、みな紅(くれなゐ)の扇の日出(いだ)したるを、舟のせがいにはさみ立てて、陸(くが)へむひてぞまねひたる。判官、後藤兵衛実基(ごとうびやうゑさねもと)を召(め)して、「あれはいかに」との給へば、「射(ゐ)よとにこそ候めれ。ただし大将軍矢おもてにすすむで、傾城(けいせい)を御らんぜば、手たれにねら打て射落(ゐおと)せとのはかり事とおぼえ候。
ougi1.jpeg
〈juppo〉今年のブログ始めは「平家物語」です。

 この「扇の的」にリクエストをいただいたのは、もうずいぶん前のことです。何度も描こうと思いながら、その都度いろいろあって先送りになってしまっていました。思い出すのは父が亡くなる少し前、平家物語を図書館で借りてきたのにその後バタバタしたまま他のリクエスト作品に紛れてしまったあの夏です。父が亡くなったのは7年も前ですから、放置の歴史にしみじみとしてしまいます。毎度のことながら、本当にスミマセン。

 お話はタイトル通り、扇の的を弓で射る話です。那須与一(なすのよいち)という人が射る人ですが、今回はまだ登場していません。
 この作品は中学2年の国語の教科書に載っていると思いますが、古文として勉強するのはその与一が弓を構えてから見事に射るところまでで、その前の場面は口語での説明になってたと思います。
 漫画にするにあたって、その与一のシーンだけ描くつもりで訳し始めましたが、どういう経緯でそのシーンに至ったか、やはり説明が必要になることがわかり、説明するくらいならそこから漫画にしてしまおう、ということでここから描き始めました。結局、どういう理由で平家の小舟が扇を立てて源氏を挑発することになったのかは、漫画にしてもわからないままなんですけど。
 
 以前描いた「能登殿の最期」は、このもう少し後の場面です。ここは源平合戦の終わりの始まりのシーンなんですね。
 「判官」は源義経のことで、義経率いる源氏軍が壇ノ浦に到着したところです。
 小舟が止まった磯へ七、八段の「段」は「たん」と読み、一段は約11メートルというのと約2.7メートルという二つの解釈があり、時代によって違うらしいのです。訳によっても違っていたりするのですが、扇までの距離が遠くて射るのが難しいという今後の展開から、一段≒11メートルを採用することにしました。

 「女房」とは奥さんではなく、宮中に仕える女性のことですね。その女房が着ている「柳がさねのいつつぎぬ」ですが、「柳がさね」は表が白、裏が青のかさねの色目とかで、冬から春にかけての装束だそうです。「いつつぎぬ」は着物を5枚重ねて着るスタイルのようです。

 「傾城」は「その色香で城を傾け滅ぼすほどの美女」だそうです。相当美人です。

 次回、満を持して与一が登場します!なるべくお待たせしないうちに描きたいです。今年もどうぞよろしくお願いします。
posted by juppo at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

桜木の精

 その後、我が家のMacは最新バージョンのOSに進化を遂げました。かなり扱いにくいです。古いOSが懐かしくてたまりません。リクエストにお応えします。新カテゴリ「今物語」です。
〈本文〉小式部内侍、大二条殿におぼしめされけるころ、久しく仰せ言なかりける夕暮れに、あながちに恋ひ奉りて、端近くながめいたるに、御車の音などもなくて、ふと入らせ給ひければ、待ち得て夜もすがら語らひ申しける。暁方に、いささかまどろみたる夢に、糸の付きたる針を御直衣の袖に刺すと見て夢覚めぬ。
 さて帰らせ給ひにけるあしたに、御名残を思ひ出でて、例の端近くながめいたるに、前なる桜の木に糸の下がりたるを、あやしと思ひて見ければ、夢に、御直衣の袖に刺しつる針なりけり。いと不思議なり。
 あながちに物を思ふ折には、木草なれども、かやうなることの侍流にや。その夜御渡りあること、まことにはなかりけり。
sakuragi.jpeg
〈juppo〉iPhoneもMacも、iCloudに牛耳られています。いずれ人類がiCloudに支配される日も近い気がします。そんなことでいいんでしょうか。

 今物語(いまものがたり)は鎌倉時代に成立した説話集だそうです。古典作品て、描いても描いてもいくらでも他の作品がありますよねー。カテゴリも随分増えました。実はちょっと前まで、ブログの設定でカテゴリ表示数を制限してしまっていたため、トップページに表示されないカテゴリがありました。気づいて制限数を増やしましたので、この今物語もちゃんと表示されると思います。よろしくお願いします。

 本文では大二条殿となっていますが、この人の本名は藤原教通(ふじわらののりみち)というそうなので、漫画ではそちらの名前にしてあります。この方は藤原道長の息子だそうです。今からちょうど1000年前に生きていた方で、当時の天皇に仕えて大臣などしていたらしいです。

 一方、小式部内侍(こしきぶのないし)といえば、和泉式部の娘で「十訓抄」の「大江山」に登場していました。以前描いた覚えがあったので、その時のキャラを見直しつつ描きました。
 
 ただただ、不思議な話ですよね。恋する相手を夢に見るだけならず、夢に見た針と糸が庭の木に刺さっている!
・・・で、その針と糸にはどんな意味が?なんてことも気になってしまうんですけど、これは桜の木からのヒントなんでしょうね〜。

 直衣は「のうし」と読みますが、歴史的仮名遣いでは「なほし」です。宮中にいる男の人たちが着ているのが、だいたいそれです。
posted by juppo at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 今物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

台北に行ってきました!

 iPhoneを使っていると、時々ソフトウェアアップデートのお知らせが来ますが、促されるままにOKしてどんどんiOSを進化させてしまった結果、PC(MacBookAirの中古)がついて行けないほどにアップグレードされてしまったらしく、同期が出来なくなってしまいました。
 これはMacの方も進化させなければ、と試行錯誤していた最中、今度はMacのSafariが起動しなくなってしまいました。
 メールは出来るので前回の「先従隗始A」は記事をPCから送信してiPhoneで投稿しました。
 その後、SafariじゃないブラウザをAppStoreで購入してネット環境を構築し、MacOSの進化の続きに着手しているところです。今のところ、Safariの復活まで進化しました。

 先月台北に旅行した話を前回の記事のついでにするつもりでしたが、そんなゴタゴタですっかり面倒になって、後回しにしたのでした。

 そういう訳で、台北に行ってきました!

 以前、台湾に行ってみたいな〜といろいろ調べている中で、台北に「梅子」というレストランがあることを発見しました。10月に母の誕生日があり、その日の食事を梅子でするのも一興だなと思ったのが台北行きのきっかけです。母の名前が、梅子なので。
 
 梅子を梅子に連れて行く他に特に目的はなかった旅でしたが、せっかくの台北なので有名な故宮博物院に行きました。
http://www.dpm.org.cn/www_oldweb/japan/default.html
 翡翠で出来た白菜と豚肉の彫刻だけでも見られれば、と思い宿泊ホテルから電車、バスを乗り継いで向かいました。
 台北市内は電車でどこでも行けるようで便利でした。そして運賃が安かったです。一駅70円くらい。バスは50円くらい。
IMG_1718.JPG無事に白菜にはお目にかかれましたが、豚肉は外遊中とかで見られませんでした。

 そのあと、ホテルから二駅くらいの距離にある、袖珍博物館というところに行きました。
IMG_1749.JPGhttp://www.mmot.com.tw/
 ドールハウスと人形の博物館です。べつに台北に来たら是非、というような観光スポットでもないと思うんですけど、旅行前にガイドブックで見つけて心を奪われていたので、時間が空いたのを幸い、またも電車を乗り継いで行きました。
 世界の、古今の人形やドールハウスの陳列は、私には故宮博物院より価値あるものでした。母にはそれほどでもないようでしたが。
IMG_1762.JPG
 その陳列の最後の方で、日本の昭和30年頃の町並みをテーマにしたジオラマが展示されていたんですけど、これが何と、NHK朝ドラ「てるてる家族」をテーマにしたジオラマだったんですよ!
IMG_1767.JPG
「てるてる家族」は2003年の朝ドラですが、この秋までBSで再放送されていて、私は今回初見ですっかりハマっていたのです。毎日録画して全話コンプリートしたばかりでした。最後の方は、どうか台風でBSが視聴困難になりませんように、と祈る毎日だったほどです。
 そのドラマ世界に、喫茶シャトーに、こんなところで会えるなんて〜(><)行って良かったです。
IMG_1764.JPG
 博物館のはしごでくたくたになった午後でしたが、ホテルで休憩ののち回復して無事に、梅子でディナーをいただきました。それほど豪華な食事はしませんでしたが、美味しかったです。台湾料理は薬膳な感じで、優しい味なんですね。
IMG_1780.JPG
 台北の街は若い人が多く、その若い人たちが皆さん親切でした。母が私の見てないところでよろけてたりすると、誰かしら支えてくれてたり。電車に乗ると皆さん率先して席を譲ってくれたり。駅やお店のスタッフは大抵英語ができるようで、どこに行っても迷ったり困ったりすることはありませんでした。
 日本のおもてなしも、賛美されているようでまだまだだなぁ、と思わずにいられませんでした。

 短い旅だったので、また行きたいです。ゆっくりしたいです。
posted by juppo at 22:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする