2018年01月31日

宮にはじめてまゐりたるころE

続きです。まだまだ続きます。
〈本文〉
なほいとわが心ながらもおほけなく、いかで立ちいでしにかと汗あえていみじきには、なにごとをかはいらへもきこえむ。
 かしこき影とささげたる扇をさへとり給へるに、ふりかくべき髪のおぼえさへあやしからんと思ふに、すべて、さるけしきもこそは見ゆらめ。とく立ち給はなんと思へど、扇を手まさぐりにして、絵(ゑ)のこと、「誰(た)がかかせたるぞ」などのたまひて、とみにも賜(たま)はねば、袖をおしあててうつぶしゐたり。裳(も)・唐衣(からぎぬ)にしろいものうつりて、まだらならんかし。
 ひさしくゐ給へるを、心なう、苦しと思ひたらんと心得させ給へるにや、「これ見給へ。これは誰が手ぞ」と聞こえさせ給ふを、「賜はりて見侍らむ」と申し給歩を、なほ、「ここへ」とのたまはす。「人をとらへて立て侍らぬなり」とのたまふも、いといまめかしく、身のほどにはあはず、かたはらいたし。
hajimete6.jpeg
〈juppo〉
今月だけで3回もブログを更新できたことに密かな喜びを感じています。これが普通どころか、それでも超低頻度だとは分かってるんですが。

 この章は長いです。まだ先があります。いい加減、宮中の人たちに慣れたらどうよ清少納言さん、て感じですが「宮にはじめてまゐりたるころ」なので、初めての頃はこんなにオロオロしてたわ〜という状況をことさら強調してるんでしょうね。

 真正面にい続ける伊周から顔を隠したくて、扇や髪で隠そうとするけど上手くいかず、挙句にうつ伏せてしまうのですが、そんな事態になってさえお化粧が崩れるのを心配しているのは女心ですね〜。見習いたいとすら思う、普段全く化粧をしなくなった私です。

 裳、唐衣は清少納言さんが着ている衣装のことで、裳は袴の上に後方だけつけるものですが、絵にしてません。唐衣は上着です。

 さすがの中宮様は空気を読んで伊周を呼び戻そうとしますが、伊周は戻ってきませんね。「いまめかしく」は「古めかし」の対義語なんですね。今っぽいとか、若い感じという意味なので、「イケてる」とでも訳そうかと思ったんですけど、清少納言さんは自分のことをそんなに若い感覚には不釣り合いだと感じているようなので、やめました。伊周が事実に反して「人をとらへて」なんて冗談を言ったことに対して才能を感じているんですね。

 果たして清少納言さんはこの状況から解放されるのか?以下次号、です。


 ところで「ペリーヌ物語」はその後見始めて9話まできました。ボスニアあたりから出発して、今イタリアです。そんな旅だったんだなぁ、とかみしめつつ見ています。
 40年ぶりに改めて見ると「バロンの扱いが酷いな」と思わずにいられません。「気まぐれな犬」だと歌われているほどですから、そう忠実な犬ではないはずとは言え、アメデオやヨーゼフのように、いつも寄り添う親友的な存在としては全然描かれていなかったことに多少驚いています。ペリーヌとの対比で笑いを取るキャラになってるんですね。
posted by juppo at 23:56| Comment(0) | 枕草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

宮にはじめてまゐりたるころD

結局、続きを描くことにしました。
〈本文〉
女房と物いひ、たはぶれごとなどし給ふ。御いらへをいささかはづかしとも思ひたらず聞え返し、そら言などのたまふは、あらがひ論じなどきこゆるは、目もあやに、あさましきまであいなう、おもてぞあかむや。御くだ物まゐりなどとりはやして、御前にもまゐらせ給ふ。
 「御(み)帳のうしろなるは誰(たれ)ぞ」と問ひ給ふなるべし。さかすにこそはあらめ、立ちておはするを、なほほかへにやと思ふに、いと近うゐ給ひて、ものなどのたまふ。まだまゐらざりしより聞きおき給ひけることなど、「まことにや、さありし」などのたまふに、御几(みき)帳へだてて、よそに見やりたてまつりつるだにはづかしかりつるに、いとあさましうさしむかひきこえたる心地、うつつともおぼえず。行幸など見るをり、車のかたにいささかも見おこせ給へば、下簾(したすだれ)ひきふたぎて、透影(すきかげ)もやと扇(あふぎ)をさしかくすに、
hajimete5.jpeg
〈juppo〉この先もまだまだ長いので、一旦置いて他の作品を描こうかなーとも思いましたが、やっぱり中途半端なのがスッキリしないので、終わりまで描くことにします。しばらく続きます。
 
 清少納言さんは中宮様や大納言殿(伊周)を見てもドキドキするのですが、その周りに仕えている女房たちの貫禄にも恐れ入っているんですよね。偉い人と普通に話しているとその人も偉く見えてしまう効果ですね。
 「くだ物」は果物を指すこともあるようですが、果実や木の実で作った食品やお菓子のことも言うようで、「ここではお菓子」と参考書にあったのでそうしました。どんなお菓子なのかはよく分からないまま描いています。

 行幸は天皇のお出かけのことですね。それを見ている車の中でさえ、自分の姿が見られるのが恥ずかしいと。すだれを下げても影が見えてしまうのを心配するほどの奥ゆかしさとは、当時の人には普通の感覚なのか、清少納言さんがひときわ奥ゆかしいのか、見極め難いですね。テレビにうっかり映ってしまった一般女性が「すっぴんだから!」と頑なに顔を隠したりする感覚なのでしょうか。


 ところで、声優の鶴ひろみさんの訃報を聞いて以来、「ドキンちゃんありがとう」「ブルマさよなら」などなどの言葉を目にしつつ、「いやいや、鶴ひろみといえばペリーヌでしょ?」な思いが高まって『ペリーヌ物語』が見たくてたまらなくなりTSUTAYAでレンタルしてきました。借りてきたのにまだ見てません。早く見たい。

ご冥福をお祈りします。
posted by juppo at 06:04| Comment(0) | 枕草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

宮にはじめてまゐりたるころC

皆さん、あけましておめでとうございます。続きです!
〈本文〉
「いつの世にか、さやうに交(ま)じらひならむ」と思ふさへぞつつましき。奥寄(あうよ)りて三、四人さしつどひて、絵など見るもあめり。
 しばしありて、さき高う追ふ声すれば、「殿まゐらせたまふなり」とて、散りたる物取りやりなどするに、以下で下りなむと思へど、さだにえふとも身じろかねば、いま少し奥に引き入りて、さすがにゆかしきなめり、御几帳のほころびよりはつかに見入れたり。
 大納言殿のまゐりたまへるなりけり。御直衣(なほし)、指貫(さしぬき)の紫の色、雪に映えていみじうをかし。柱元にゐたまひて、「昨日今日、物忌(ものいみ)にはべりつれど、雪のいたく降りはべりつれば、おぼつかなさになむ」と申したまふ。「『道もなし』と思ひつるにいかで」とぞ御いらへある。うち笑ひたまひて、「『あはれと』もや御覧ずるとて」などのたまふ御有様ども、これより何事かはまさらむ。物語にいみじう口にまかせて言ひたるに、違はざめりとおぼゆ。
 宮は、白き御衣(ぞ)どもに、紅(くれなゐ)の唐綾(からあや)をぞ上に奉(たてまつ)りたる。御髪(みぐし)のかからせたまへるなど、絵にかきたるをこそ、かかる事は見しに、現(うつつ)にはまだ知らぬを、夢の心地ぞする。
hajimete4 1.jpeg
〈juppo〉描き下ろし作品として、ここまでが「高校古文もっとこういう話」に掲載されています。でも、この段はここで終わりではないんです。中途半端なままで書籍に入れる意味があったのかなぁと、今ちょっと不安になっています。せっかくなので、このままここで続きを描こうか、いつものように「続きはまたいずれ!」にしてしまうか、迷っています。

 さて、ここで突然登場した「大納言殿」は伊周(これちか)のことで、伊周は「大鏡」に登場した帥殿(そちどの)のことでした。描きながら途中で気づきました。途中まで中宮様とラブラブなのかと思ってたら、兄妹でした。
 清少納言さんからしたら雲の上の存在の兄と妹の会話が、夢でも見ている心地な場面なんですね。
 伊周の直衣とか指貫とか、中宮様の着物とか、いちいち色まで説明されててカラーでお見せできないのが残念なんですけど、そもそもカラーで描いていないので、皆さんの豊かな想像力で総天然色化してお楽しみください。

 そんなわけで、次回はこの続きになるか他の作品にするか、未定です。何にしろ、なるべく近日中に、と思っています。
 こんな調子でのスタートですが、今年もよろしくお願いします。
posted by juppo at 01:39| Comment(0) | 枕草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする