2018年09月16日

市振A

続きです。そんなにお待たせしませんでしたよね?
〈本文〉
あした旅立つに、我々に向かひて、「行方知らぬ旅路の憂さ、余りおぼつかなう悲しくはべれば、見え隠れにも御跡を慕ひはべらん。衣の上の御情けに大慈(だいじ)の恵みを垂れて結縁(けちえん)せさせたまへ。」と涙を落とす。
「ふびんのことにははべれども、我々は所々にてとどまるかた多し。ただ人の行くにまかせて行くべし。神明の加護必ずつつがなかるべし。」と言ひ捨てていでつつ、哀れさしばらくやまざりけらし。

 一つ家(や)に遊女も寝たり萩(はぎ)と月

曽良(そら)に語れば書きとどめはべる。
ichiburi2.jpeg
〈juppo〉昨夜、隣の部屋の遊女たちの話し声を聞きながら寝た、そのあくる朝です。
その遊女たちが「新潟という所の遊女だった」ということがわかっていたので、今回、遊女たちのセリフは現代語に訳してからさらに新潟弁に翻訳してみました。と言っても、私は新潟弁ネイティブでないので、調べ調べ訳したもので、違和感があったらご指摘ください。

 同行してきた男は新潟に返してしまったようで、女二人で知らない道を行くのが心細いと芭蕉さんたちに「付いて行っていいか」とお願いしてるんですけど、ここでは彼女らは芭蕉さんたちのことをお坊さんだと思っています。芭蕉さんたちが黒っぽい着物を着ていたからだそうです。
 そう言われても、俳句を詠みつつあちこち寄り道するので一緒には行けない、と芭蕉さんはつれなく断っています。じゃあ一緒に行きましょう、てなことになったら『奥の細道』の物語が後半だいぶ変わったものになっていたかもしれません。
 つれなく断っておきながら、哀れな遊女たちに同情を禁じ得ない芭蕉さんのようです。

 萩と月の句は、遊女と自分とを対比させて詠んだなんて説もあるようです。

 芭蕉さんが遊女と別れ際「無事に」という意味で「つつがなかるべし」と言っている、「つつがなし」という語ですが、漢字では「恙無し」と書きます。「恙」はもともと病気や災難など忌まわしいことを意味する言葉で、そんなことなく平穏に暮らす様が「恙無し」なのですね。
 ところで、ツツガムシという虫がいて、これに刺されると死にそうに苦しむそうで、それが「つつがなし」の語源だという説もあるようですが、それは違うんですって。
 虫にに刺されたとは分からないまま苦しんでいて、ツツガムシという妖怪のしわざだろうと呼んでいたのが、やがて原因がこの虫だ、ということがわかってからその虫(ダニの一種)を「ツツガムシ」と名付けたのだそうです。すでに「恙」という語があったからなんですね。
 私の友達が昨年末にツツガムシに刺されて、お正月を丸々病院で過ごしたとか悲惨な体験を聞いたのでこの話を特に書いておこうと思いました。症例自体あまりにも珍しいので、刺されたところを写真に撮られたとか、研究材料になっちゃったそうです。怖いですね〜。皆さんもツツガムシ含めダニには要注意、でつつがない毎日をお過ごしください。
posted by juppo at 22:24| Comment(4) | 奥の細道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

市振@

リクエストにお応えします。久しぶりの『奥の細道』です!
〈本文〉
 今日は親知らず・子知らず・犬もどり・駒(こま)返しなどいふ北国(ほくこく)一の難所を超えて疲れはべれば、枕引き寄せていねたるに、一間(ひとま)隔てて表の方に、若き女の声二人ばかりと聞こゆ。年老いたる男(おのこ)の声も交じりて物語するを聞けば、越後の国新潟といふ所の遊女なりし。伊勢参宮するとて、この関まで男の送りて、明日はふるさとに返す文したためて、はかなき言づてなどしやるなり。
「白波の寄するなぎさに身をはふらかし、あまのこの世をあさましう下りて、定めなき契り、日々の業因いかにつたなし。」
と、もの言ふを聞く聞く寝入りて、
ichiburi1.jpeg
〈hippo〉市振は「いちふり」ではなく「いちぶり」と読むのですね。新潟県の地名なんですね。
市振駅はえちごトキめき鉄道(トキてつ)日本海ひすいラインの親不知の隣の駅で、その間8.6qだそうですが、「奥の細道」の世界ではこの間は20qに渡る難所であると解説されています。便利な世の中になってよかったですが、芭蕉さんはもうクタクタな模様です。
 1コマ目に道の駅親不知ピアパークをついでに書きこんだのは純粋に私の興味を引いたからに他なりません。私は鉄旅よりドライブ派なので、道の駅情報を目にすると「いつか行きたい」思いに駆られます。
 何しろ、芭蕉さんの時代には当然鉄道もなく、ここを通過するのは難行苦行だったんですね。犬もどりとか駒返しという地名も、犬や馬にも越えられない険しさを表しているのでしょうか。

 「一間隔てて」は、一部屋あけてということではないようです。要するに、隣の部屋の話し声を聞いてるんですね。
 この時代、お伊勢参りはとてもポピュラーな行楽(?)で、誰でも一生に一度は行くというほどだったそうです。この遊女たちは、解説によると主人には無断で旅をしているとかで、そういうのを「抜け参り」と言ったそうですが、お伊勢さんに行くのは特別なことなので、無断で出かけても咎められることなく帰ってこられたんだそうですよ。そんなことなら一言断って出ても良さそうな気もしますけどね。
 この年、元禄2年(1689年)は伊勢神宮の式年遷宮に当たっていて、そういえば芭蕉さんもこの後大垣にたどり着いてから遷宮を見に行こうと、また船に乗ったなんてくだりがありましたね。

 遊女がしたためている手紙の「白波の・・・」という文章は、もともと『新古今集』に
 白波の寄するなぎさに世を尽くすあまの子なれば宿も定めず
という歌があり、これを詠んだのが遊女だったと伝わってるそうで、芭蕉さんがそれをパク、もとい、オマージュに作ったようです。そもそも遊女が隣の部屋に泊まっていたこと自体、芭蕉さんの創作だと見られているみたいです。でもそんな事実は気にしないで読んだ方が面白いですよね。

 そんなに長くないのですが、2回で描きます。続きは多分、わりとすぐに!
posted by juppo at 03:58| Comment(0) | 奥の細道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする