2018年12月31日

忠度(ただのり)の都落ち@

紅白を見つつ。大変ご無沙汰いたしました。「平家物語」です。リクエストにお応えします。
〈本文〉
薩摩(さつま)の守(かみ)忠度は、いづくよりや帰られたりけん、侍(さぶらい)五騎、童(わらわ)一人(いちにん)、わが身ともに七騎取つて返し、五条の三位(さんみ)俊成(しゆんぜい)の宿所におはして見たまへば、門戸を閉ぢて開かず。「忠度。」と名のりたまへば、「落人(おちうど)帰り来たり。」とて、その内騒ぎ合へり。薩摩の守馬よりおり、みづから高らかにのたまひけるは、「別(べち)の子細候はず。三位殿に申すべきことあつて、忠度が帰り参つて候。門を開かれずとも、このきはまで立ち寄らせたまへ。」とのたまへば、俊成の卿、「さる事あるらん。その人ならば苦しかるまじ。入れ申せ。」とて、門(かど)をあけて対面あり。事の体(てい)何となうあはれなり。
tadanori1.jpeg
〈juppo〉3冊目の書籍発売のお知らせをサクッとして以来、更新しないまま平成30年が暮れてしまうかと思いました。ギリギリセーフで今年最後の更新です。
 「平家物語」はどうも苦手で、あれ、この前「源氏物語」の時もそんなことを言ってましたね。有名な作品ほど敷居が高いんですね。

 リクエストもこのタイトルでいただき、手元にある訳本のタイトルもこれなので「忠度」としていますが、いろいろ調べているうちに「忠教」「忠則」という表記も見ました。どのタダノリさんですか。とりあえず忠度さんで描きました。平清盛の末弟だそうです。「木曽の最期」の、あの木曽義仲がまだ平家を追い散らしていたころ、てんでに都落ちした平家の皆さんの中にいた方のようです。
 タイトルも「都落ち」ですし、都落ちはしている最中のようですが、ふと思い立って都に用を足しに戻って来たところです。ですからここは都です。

 「五条の三位俊成」は藤原俊成のことで「千載和歌集」の撰者だった人です。俊成は「としなり」でも「しゅんぜい」でも良いようです。私は「としなり」と思って描いてます。藤原定家のお父さんです。五条は住んでいるところ、三位は官位です。

 さてその俊成さんに何の用があって引き返して来た忠度さんであったのか、以下次号、です。全部で4回になります。もう4回分描いてあります。そんなで余計にお待たせしてしまいました。


 今年も残すところあと1時間を切ってしまいました。
皆さん、今年もブログに来てくださってありがとうございました!
無事3冊目の本を出すことが出来、ブログも続けていられて、去年と同じように紅白を見ながら年越しを迎えている、幸せな2018年でした。
 来年の目標は大してないんですけど、続けて本が出せたら最高ですね。そのためにももっと頑張らないと、と思っています。自分の本なのに本が届くまで知らなかった箇所がある・・なんて情けない自分を来年は何とかしたいと思います。

 それでは皆さま良いお年を!
 続きは新年すぐに!!
posted by juppo at 23:33| Comment(0) | 平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする