2019年02月20日

かぐや姫の難題@

 とっても久しぶりに『竹取物語』です。久しぶりなのでタイトルを変えました。リクエストはいただいていません。
〈本文〉
 日暮るるほど、例の集まりぬ。あるいは笛を吹き、あるいは歌をうたひ、あるいは唱歌(しやうが)をし、あるいはうそぶき、扇を鳴らしなどするに、翁出でていはく、「かたじけなく、きたなげなる所に、年月をへて物し給ふ事、極まりたるかしこまり」と申す。「『翁の命、今日明日とも知らぬを、かくのたまふ君達にも、よく思ひ定めて仕(つか)うまつれ』と申すもことわりなり。『いづれも劣り優りおはしまさねば、御心ざしの程は見ゆべし。仕うまつらん事は、それになむ定むべき』と言へば、これよき事なり。人の御恨みもあるまじ」と言ふ。五人の人々も「よき事なり」と言へば、翁入りて言ふ。
nandai1.jpeg
〈juppo〉飛蚊症を発症して早2週間。しばらくは眼の中にミジンコを飼っているような視界でしたが、だんだんそれも薄らいで、ミジンコの亡霊を見ているようになってきています。この亡霊ともお別れする日が早く来るといいな、と思いながらこれを書いています。

 さて、相当な年月を放置していた『竹取物語』の続きです。放置している間に、このお話の直前の部分まで昨年出版された『高校古文まだまだこういう話』に収録されてしまいました。そうなるとその続きもいつまでも放置しているわけにいかないな〜と昨年から考えていて、いくつかリクエスト作品に着手してから、やっと2回分だけご用意いたしましたのでお届けします。

 タイトルからも分かる通り、ここからはあの、かぐや姫からの無理難題ミッションのお話です。
前回、翁に説得されて五人の候補の中から結婚相手を選ぶ条件を出していたかぐや姫でしたが、その内容がこれから明かされるんですね。
 続きを放置していた私に都合の良いことに、今回は回想シーンが入っています。私の都合で入れたのではないんですよ。貴公子たちにかぐや姫からの伝言を伝える翁が、その伝言を承ったシーンをそのまま語っているわけです。本文の中のカギカッコが二重になってるのはそのためです。

 「唱歌」は今でいう子供のための歌のことではなく、笛や琴などの譜を吟ずることなんですね。「うそぶく」は「口笛」と訳してありますが、低い声で歌や詩を吟ずるという意味もあるようです。

 久しぶりに描く求婚ジャー5の面々など、思い出せずに自分の本をめくりながら描きました。出版されて本当にありがたいです。ところが、見直していたら間違いも見つけてしまい、とりあえずブログ上ではこっそり直しました。何が間違いだったかは、秘密です。

 次回はいよいよかぐや姫からのお題の数々です。
posted by juppo at 03:08| Comment(0) | 竹取物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

鷹を放つA

後編です。昨日、眼科に行ってきました。
〈本文〉
なにせんにかは世(よ)にもまじろはん」とて、いみじくよよと泣けば、我もえせきあへねど、いみじさにたはぶれに言ひなさんとて、「さて鷹(たか)飼(か)はでは、いかが給はむずる」と言ひたれば、やをら立ちはしりて、し据(す)ゑたる鷹をにぎり放ちつ。見る人も涙せきあへず、まして日くらしかなし。心ちにおぼゆるやう、

 あらそへば思ひにわぶるあまぐもにまづそるたかぞかなしかりける

とぞ。
 日暮るるほどに、文(ふみ)みえたり。天下(てんげ)そらごとならんと思へば、「ただいま心地あしくて、え今は」とてやりつ。
taka2.jpeg
〈juppo〉書いているうちに金曜日になりそうですが書き始めたのは木曜の夜なので、昨日というのは水曜日のことです。
 午後から急に視界に黒い糸くずや細かい泡のようなものが飛び交って、汚れたガラス越しに世界を見ているようになったので、眼科に行ったんですよ。視力検査から眼底検査やら何やらフルコースで検査していただいた結果、眼球の奥の神経のあたりが出血しているということがわかりました。いわゆる飛蚊症です。先生の説明に何度も「年齢的な」という言葉が入っていたので、ひとまず深刻な病気ではないことがわかって安心しました。あらゆる症状の原因が「年のせい」になってしまう世代に突入したのは喜んでいいのか悪いのか微妙ですが。

 まだ黒いものは見えていますが、気にしなければ大丈夫です。とりあえず出血を抑えるらしい薬を服用しています。

 さて、今回の『蜻蛉日記』も結局何も解決しない安定の展開です。が、小さい子どもが絡むとひときわ感傷的になりますねー。けなげさが泣けますねー。
 この子(道綱)はまだ小さいらしいですが、鷹を飼っています。ぺットではなく鷹狩りに使う鷹なんですね。お坊さんは殺生をしないので、狩りなどもってのほかですから、母は息子に坊さんになるなら鷹は飼えないわよ〜と言っているのです。
 狩りの道具としての鷹であっても、子どもにとってはやっぱりペットのようなもので、それを手放してまで坊さんになりたいなどと思わないだろう、という思惑でちょっと冗談めかして言ったのに、子どもはあっさり鷹を放してしまったと。

 「やをら」は今でも使う言葉ですが、急いでいるイメージを持たれやすいですが実は急がない言葉なんですよね。「柔らかい」からできているとイメージすると、間違えずに済むかもしれません。

 今回は悩みのタネの旦那は出て来ずじまいでした。手紙だけ来たようですが、読まずに返す筆者です。開けて見るまでもなく「天下そらごと」だと決めつけられてしまうとは、日頃の行いが相当なのでしょう。
posted by juppo at 00:16| Comment(0) | 蜻蛉日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする