2020年08月01日

石作の皇子と、仏の御石の鉢@

8月になりました。関東地方も梅雨が明けました。今日から毎日、洗濯します。久しぶりに、『竹取物語』です。
〈本文〉
 なほ、この女見では世にあるまじき心地のしければ、「天竺(てんじく)に在る物も持て来(こ)ぬものかは」と思ひめぐらして、石作りの皇子は、心のしたくある人にて、天竺に二つとなき鉢を、百千万里のほど行きたりとも、いかでか取るべきと思ひて、かぐや姫のもとには、「今日(けふ)なむ、天竺に石の鉢取りにまかる」と聞かせて、三年ばかり、大和(やまと)の国十市(といち)の郡(こほり)にある山寺に賓頭盧(びんづる)の前なる鉢の、ひた黒(ぐろ)に墨(すみ)つきたるを取りて、錦(にしき)の袋に入れて、作り花の枝につけて、かぐや姫の家に持て来て、見せければ、かぐや姫、あやしがりて見れば、鉢の中に文(ふみ)あり。ひろげて見れば、

 海山(うみやま)の道に心をつくしてはてないしのはちの涙ながれき
ishidukuri1.jpeg
〈juppo〉『竹取物語』は長いので、時々思い出した時に続きを描いています。前回は言いよる五人の男どもに、かぐや姫が難題を突きつけ、男たちは「出来るか!」とばかり諦めて解散したところまででした。
 ところが、本当に諦めた人はひとりもいないことは皆さんご存知の通りで、ここからは男たちの難題への挑戦の数々が描かれます。
 今回は石作りの皇子の大冒険です。いや、大冒険かどうかはすでに手短に語られてしまっていますが。

 ここまでに情報がありませんでしたが、「仏の御石の鉢」というのは天竺にあるんですね。天竺は『西遊記』で三蔵法師が目指していたあの、今のインドです。「仏の」というだけあって、仏教発祥の地にあるんですね。
 それで結局、石作りの皇子は天竺に行ってないワケですけど、それでも手に入れるまで三年もかかったようです。実際は手に入れてないですけどね、「仏の御石の鉢」は。
 大和の国十市の郡は、奈良県にあるようです。日帰りできそうな気もしますが、三年かかったと。
 「賓頭盧」は釈迦の弟子のひとりだそうで、日本のお寺でも「お賓頭盧様」などと呼んで、その像の前に食べ物を置いたりするんですね。それで鉢が置いてあったので、「取って」というのは要するに、失敬して来たということですよね。お寺にいる像の前にあるので、煤で黒くなってるんですね。「賓頭盧の前なる鉢の」の後ろの「の」はおなじみ「同格の『の』」ですね。

 鉢を届けた皇子とかぐや姫が同席しているように描いてしまいましたが、ここから先、ふたりの会話が手紙のやり取りで行われていることから、おそらく皇子はまだかぐや姫に会っていないのではないかと思われたので、ふたりの間に御簾を置いておきました。

 石作りの皇子のお話はもう1回続きます。
posted by juppo at 22:07| Comment(0) | 竹取物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする