2021年07月10日

あだし野の露A

お待たせしました。後編です。
〈本文〉
住み果てぬ世に、みにくき姿を待ちえて何かはせん。命長ければ辱(はぢ)多し。長くとも四十(よそぢ)に足らぬほどにて死なんこそ、めやすかるべけれ。そのほど過ぎぬれば、かたちを恥づる心もなく、人に出でまじらはん事を思日、夕(ゆふべ)の陽(ひ)に子孫を愛して、栄(さか)ゆく末を見んまでの命をあらまし、ひたすら世をむさぼる心のみ深く、もののあはれも知らずなりゆくなん、あさましき。
adashino2.jpeg
〈juppo〉少し前に漢文の漫画をお届けしながら「長生きはするものです」と書いていたわずか後に、「長生きしてどうする」なお話をご紹介することになるとは。そいつはすいませんでしたねー兼好さん、て感じですが、吉田兼好さんも定かでないにしろ70歳くらいまでご存命だったようですよ。

 結局のところ、年をとったら出しゃばらず大人しくして天命を待つがよろしい、ってことでしょうか。年を取るとどうしても、若い頃のように働けないですし、考えも偏るかもしれませんし、容姿もそりゃあ劣化はしますから。
 
 とはいえ、兼好さんの時代から比べたら寿命が圧倒的に伸びた21世紀に、40歳を過ぎたからといってそうそう引っ込んではいられないですね。人生の折り返しにも届いてないですよね。
 子や孫の可愛らしい姿を見ながら、「大人になるまで見届けたい」と願うのも自然なことだと思います。「夕の陽に」というのは寿命を1日の長さに換算して、陽の沈む時刻イコール人生の終わり頃、と言っているようです。

 兼好さんのご説に従えば、年をとっても「生をむさぼらず、もののあはれ」を知りながら生き続けるのであれば何歳になっても良い、ということだと理解したいです。

 誰もが等しく年は取っていくものですからね。永遠ではない人生を「あー面白かった」と振り返って終えられるように、毎日を過ごしていきましょう。
posted by juppo at 22:52| Comment(0) | 徒然草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月06日

あだし野の露@

リクエストにお応えします。「徒然草」第七段です。2回でお送りします。
〈本文〉
 あだし野の露きゆる時なく、鳥部山(とりべやま)の烟(けぶり)立ちさらでのみ住みはつるならひならば、いかにもののあはれもなからん。世はさだめなきこそいみじけれ。
 命あるものを見るに、人ばかり久しきはなし。かげろふの夕(ゆふべ)を待ち、夏の蝉(せみ)の春秋(はるあき)を知らぬもあるぞかし。つくづくと一年(ひととせ)を暮(くら)すほどだにも、こよなうのどけしや。あかず惜(を)しと思はば、千年(ちとせ)を過(すぐ)すとも、一夜(ひとよ)の夢の心地こそせめ。
adshino1.jpg
〈juppo〉昨日、この記事を投稿しようとしてPCを開いて作業中に、その段階になって漫画に描きもらした箇所がある事に気づきました。そして今日、その描き忘れた部分を描いて付け足しましたので、無事に更新します。付け足し作業はお絵かきソフトで行いました。

 さて今回は兼好さんの死生観というか、儚い命でも「そこがいい」話です。
 あだし野とは、京都嵯峨野の奥にあった墓地だそうです。東山の鳥部山のふもとにあったんですって。鳥部山の烟というのは、火葬場の煙なんですねー。
 そこにある露とか煙というのは、いつもあるものではないと、あったと思うと消えていたりするのだけれど、ずーっとあってもつまらないと思ってるんですね、兼好さんは。

 カゲロウとかセミとか、中でも短命なものと比べていますが、確かに生き物の中では人間は長生きですね。それでももっともっと、と願ってしまうのが人間の弱さなのか、死への恐れなのか、そういう欲は尽きないものです。
 
 長いようでもあっという間なのが人生という気もしますが、その限られた生をじっくり味わって生きたらどう?という兼好さんのメッセージなのかな、と思ったところで後半に続きます。
posted by juppo at 20:27| Comment(4) | 徒然草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする