2021年12月01日

あてなるもの

久しぶりにオールカラーです。短いです。「枕草子」四十段です。リクエストにお応えしています。
〈本文〉
 あてなるもの 薄色(うすいろ)に白襲(しらがさね)の汗衫(かざみ)。かりのこ。削(けづ)り氷(ひ)に甘葛(あまづら)入れて、あたらしき鋺(かなまり)に入れたる。水晶(すいさう)の数珠(ずず)。藤(ふぢ)の花。梅花に雪の降りかかりたる。いみじううつくしきちごのいちごなど食ひたる。
atenaru.jpeg
〈juppo〉形容動詞「あてなり」には「高貴な」とか「身分が高い」という意味があります。「竹取物語」で、かぐや姫目指して「あてなるも賤しきも」男たちが押しかけてきた場面などもありました。
 「上品な」という意味もあり、ここでは身分がどうとかいうよりそこに品があって素敵♡なものを集めたようです。

 1コマ目、「薄色」とだけ言って何色かはっきり言ってなく、辞書にはいくつか色の候補が出てるんですけど、「薄紫」という訳があったのでそうしました。薄紫の「袙」というのは、表に着るものと肌着の間に着る着物のことだそうです。「汗衫」は「汗」という字が入っている通り、夏の衣類のようです。童女が着るものだとか。本当はもっと裾が長いです。多分。
 ところで「かざみ」とタイプしても「風見」としか変換されないので、一字ずつ変換しました。「衫」は「さん」で変換されます。豆知識。
 「かりのこ」はガンや鴨やアヒルの卵で、確かに鴨の卵って綺麗な色なんですね。

 そして3コマ目、平安時代にもかき氷があった、というのが今回のハイライトです。リクエストは書籍出版元の時岡氏から来ましたが、このエピソードがイチ押しだったようです。甘葛は今でいうどの植物のことか、はっきりしてないみたいです。あまちゃづるのことかも、な説もあるようです。この甘葛かき氷を再現しようと試みるプロジェクトが各地で展開されている模様です。

 可愛いとかキレイとか、うっとりするものはいろいろありますが、「品がある!」と見えるもの限定で並べているのが面白いですよね。どれも確かに「品がある」ものかどうかは、個人の感想ですよね、と言いたいところですが。

 次回は漢文から。の予定です。
posted by juppo at 21:58| Comment(2) | 枕草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする