2007年05月24日

二月(きさらぎ)つごもりごろに�

枕草子、第百六段です。
〈本文〉
 二月(きさらぎ)つごもりごろに、風いたう吹きて、空いみじう黒きに、雪すこしうち散りたるほど、黒戸に主殿司(とのもづかさ)来て、「かうてさぶらふ。」と言へば、寄りたるに、「これ、公任(きんとう)の宰相(さいしょう)殿の。」とてあるを、見れば、懐紙(ふところがみ)に、

 すこし春あるここちこそすれ

とあるは、げにけふのけしきにいとようあひたる、これが本(もと)はいかでかつくべからむと思ひわづらひぬ。「たれたれか。」と問へば、「それそれ。」と言ふ。

kisaragitsugomori1.jpg
〈juppo〉こんな季節に風邪をひいてしまい、鼻水が止まりません。ここで紹介する作品は、せめて季節感のあるものを・・と思ったのですが、高校生の姪に「今古文何やってるの?」と聞いたらこれだ、ということだったので。
もっとも、二月といっても陰暦の二月なので、今の暦に直すと3月の末くらいです。春の話な訳です。「つごもり」は「月ごもり」という言葉から来ているんだそうで、「月末」という意味です。「黒戸」は清涼殿(帝のお住まいですね)の中の一部のこと。「公任」は人の名前で「宰相」は役職名です。公任という知識ある歌人で偉い人から、下の句だけ送られてきた清少納言が、どう上の句を読んで返すのか!?というのが、この作品の見どころになっているのです。その見どころとなる後編は、多分、近いうちに!
posted by juppo at 00:00| Comment(2) | TrackBack(3) | 枕草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
後半ぜひとも希望します。
Posted by tawagoto3 at 2015年10月19日 15:12
tawagoto3さま、

後半ありますよー。ずいぶん前にUPした記事なので、その後のブログ移行など経て文字化けしててすみません。こんど直しときます〜。
Posted by 柴田 at 2015年10月19日 16:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

中古住宅山梨
Excerpt: 中古住宅山梨の情報厳選よりすぐり☆
Weblog: 中古住宅山梨紹介
Tracked: 2007-05-24 10:00

尾鷲市婦人科
Excerpt: 尾鷲市婦人科についての情報のご案内です。
Weblog: 尾鷲市婦人科の案内
Tracked: 2007-05-25 10:32

不動産投資
Excerpt: 不動産投資をして資産運用をしたい、をお考えの方はこのサイトが非常に有用です。不動産投資の情報がかなり...
Weblog: 不動産投資
Tracked: 2007-10-05 17:18