2007年07月12日

児(ちご)のそら寝

宇治拾遺物語です。
〈本文〉
 これも今は昔、比叡の山に児ありけり。僧たち、宵(よひ)のつれづれに、「いざ、かいもちひせむ」と言ひけるを、この児、心寄せに聞きけり。さりとて、しいださむを待ちて寝ざらむもわろかりなむと思ひて、片方(かたかた)に寄りて、寝たるよしにて、いでくるを待ちけるに、既にしいだしたるさまにて、ひしめき合ひたり。
 この児、さだめておどろかさむずらむと、待ちいたるに、僧の、「もの申し候(さぶら)はむ。おどろかせ給へ」と言ふを、うれしとは思へども、ただ一度にいらへむも、待ちけるかともぞ思ふとて、いま一声呼ばれていらへむと、念じて寝たるほどに、「や、な起こし奉(たてまつ)りそ。幼き人は、寝入り給ひにけり」と言ふ声のしければ、あな、わびしと思ひて、いま一度起こせかしと、思ひ寝に聞けば、ひしひしと、ただ食ひに食ふ音のしければ、すべなくて、無期(むご)の後に、「えい」といらへたりければ、僧たち笑ふこと限りなし。

chigonosorane.jpg
〈juppo〉ご無沙汰してしまいました。今回は古文の教科書の一番最初に載っていることも多いのではないかと思われる、これまた基本中の基本的な作品です。それなのに、なぜこれをさっさと描かなかったのかというと、ただ一言「面白くない」からです。ぼたもちを食べたいのに、食べたい気持ちを悟られるのが恥ずかしくていろいろ苦悩した挙げ句、結局タイミングをはずして返事せざるを得なくなった児の奮闘ぶりが面白いわけですが、リアクション芸が当たり前の現代に、こうしたニュアンスで笑う話は微妙すぎて、どこで笑えばいいのか、正直わからない人が多いと思います。「つまり、このオチのどこが面白いのかというと・・」と教壇で説明している全国の古文の先生方には、同情を禁じ得ないのであります。「鎌倉時代にはこんなネタでどっかんどっかん来てたんだな」なんてことだけでもご理解いただければ、多少古文に近付いたということで、ご了承下さい。
 あ、ところで「そら寝」とは寝たふりのことで、「そら」は「空」なのですが「何もないのにそんな気がする・それらしく振舞う」という意味があるんです。要するに、「空耳〜」の「空」です。
posted by juppo at 18:19| Comment(53) | TrackBack(0) | 宇治拾遺物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめましてこんにちは!
この話は中学生のときに教科書で読んでとっても好きでした。
暗誦したのがいい思い出です。
漫画によく描けてますね〜〜〜 すごく感心しました。
こういうのを教科書にも載せればもっとわかりやすいのにな!
と思いました^^
Posted by みきぽん at 2009年03月14日 02:35
みきぽん様

ありがとうございます!!この作品は、わりに易しい古文ですが、面白みがもっと伝わるように意識して漫画にしました。坊さんたちが、夜ヒマだからってぼたもち作ってるところなんて、想像すると「くすっ(^-^)」と来ますよね。
Posted by 柴田 at 2009年03月14日 02:52
『稚児の空寝』サイコー!

面白すぎて爆笑でした。この作品は近い内に、ベストセラーとして書店に並ぶでしょう!
Posted by ハムの空寝 at 2010年11月26日 12:53
ハムの空寝様

時代を超越した笑いの感性をお持ちだとお見受けしました。
宇治拾遺物語の完成度の為せる技なのかも知れません。
いつ読んでも面白いものは面白いってことですね。

ありがとうございました!
Posted by 柴田 at 2010年11月26日 15:35
はじめまして。
現在高校で児のそら寝をやっています
とても面白かったです。
予習にもなりました。
ありがとうございました。
Posted by るか at 2011年05月01日 10:45
るか様

コメントありがとうございます!
古文の勉強、頑張ってください。
他の作品もまた見に来てくださいね〜(^-^)
Posted by 柴田 at 2011年05月03日 14:25
はじめまして^^
古文の指導案を作らないといけなくて、
『児のそら寝』を研究中です!
この漫画とてもわかりやすくて、ぜひ資料の一部として
使用させていただきたい位です(よろしければ…)

改めて内容理解でき勉強になりました。
ありがとうございます!
Posted by まろん at 2012年04月26日 01:08
まろん様

指導案作り、お疲れ様です!
私は指導案を作るのがイヤで教師になるのを諦めた…訳ではないですが、大変なのはよく存じております。

私の漫画が授業の格調を落とすような事にならないと良いのですが、コピーしてお使いいただくのは構いませんよ(^-^)

Posted by 柴田 at 2012年04月26日 02:21
高校一年生、新学期一発目の古文教材が「児のそら寝」です。
教科書に傍訳がついているのですが、どーもこの話の面白さが伝わらないので、最後にこちらのマンガを配ってみたいのですが、よろしいでしょうか?
ちなみに、3クラスで実施予定です。
Posted by 一 高校教師 at 2012年05月07日 10:55
一 高校教師様

私のマンガがお役に立てる様でしたら、どうぞ授業にお使いください!

このマンガを描いたのも大分前のことで、稚児の姿が小坊主なのはどうか、など検討しなおすべき点もあるのですがほったらかしです。もしお気づきの点があれば授業でフォローしていただければと思います。
Posted by 柴田 at 2012年05月07日 11:06
ありがとうございます!

古文は一文が長く、主語の省略等も多いのですが、1コマごとの切り替わりが適切なので、主語の切り替わりも分かり易いです。

また、本文では児の心中語が地の文になってしまっているのですが、吹き出しの変化で、発言と心中語が区別されており、とても分かり易いです!

児の姿は、私も(国語教師でありながら)時代考証には疎いので分かりませんが、「郷に入っては郷に従え」ですから、多分小坊主姿でよいのでは……とは思いますが、機会があれば私も授業の参考に調べてみたいと思っています。

生徒達は楽しそうに読んでいました。いそいそとノートに貼っている生徒もいました(^_^)v

感謝!です<(_ _)>
Posted by 一 高校教師 at 2012年05月12日 10:13
一 高校教師さま

授業のレポートをありがとうございます!

生徒さんのノートに貼っていただけたなんて、ちょっぴり恥ずかしい気持ちです。

絵があるだけで、誰が話しているか分かりやすくなりますよね。

これからも、分かりやすい作品をお届けできるように、頑張ります!
Posted by 柴田 at 2012年05月12日 12:24
はじめまして、こんにちは。
とある高校で今年から教師をすることになり、この作品のおもしろさをどう伝えようかと素材を探していたところに、
こちらの記事に出会いました。

とてもわかりやすいです!

よろしければ授業で使用させていただけませんでしょうか?(><)
Posted by 新米教員 at 2012年05月22日 17:02
新米教師さま

コメントありがとうございます。
授業の準備や指導案作り、大変ですよね。お疲れ様です!

記事を授業でお使いいただくのは、全然構いませんよ〜。
生徒さんたちに、少しでも面白さが伝わると良いのですが。
楽しい授業になりますように!
Posted by 柴田 at 2012年05月22日 18:40
すごくかわいらしい絵で、しかも話がわかりやすくて感動しました!
私も高校で古典を教えているのですが、授業で使わせていただいていいでしょうか??
Posted by 高校教師 at 2012年05月27日 22:34
高校教師さま

コメントありがとうございます。

はい、こんな漫画で良かったら是非授業でお使いください(^-^)

楽しい授業になりますように!
Posted by 柴田 at 2012年05月27日 22:44
はじめまして!

高校で国語を教えている者なのですが、なかなか古典のおもしろさが伝えられずに困っています…

もしよろしければ、資料として使わせていただけませんでしょうか?
Posted by 高校教諭 at 2012年05月30日 16:30
初めまして!

高校で国語を教えている者なのですが、なにぶん技量も知識もなく、古典のおもしろさが伝えられず、困っています…

もしよろしければ、このイラストを授業の資料として使わせていただけませんでしょうか?
Posted by 高校教諭 at 2012年05月30日 16:32
高校教諭さま

コメントありがとうございます!

古文なんて高校生にとっては面白くもなんともないですからね〜!

私の漫画で少しでも楽しく学習していただけるなら、どうぞご利用ください。

古文に親しむきっかけになれたら幸いです。
Posted by 柴田 at 2012年05月30日 16:43
はじめまして、こんにちは。

教育実習にて古文の入門を教えることとなり、
入門なのでなんとか楽しい授業をしようと
資料を探しておりました所こちらの記事にたどり着きました。

大変わかりやすく面白く、楽しく古文を教えるにはまさにうってつけの教材です!
是非とも授業で使わせて頂きたいのですが、よろしいでしょうか?

よろしくお願い致します。
Posted by 教育実習生 at 2012年06月11日 02:14
教育実習生さま

教材研究ご苦労様です!

古文というと苦手意識を持つ生徒さんも多いでしょうが、こういう楽しい話もあるのですから是非親しんでほしいですよね。

私のマンガでよろしければ、お役立てください。

楽しい授業になりますように!
Posted by 柴田 at 2012年06月11日 03:10
はじめまして!
私はいま教育実習中です。
高校生になって初めて習う古文の児のそら寝を生徒たちにわかりやすく面白く伝えたいため、資料はないか探していたところ、ここにたどり着きました。

非常にわかりやすく面白かったです!
よろしければ授業の際、生徒たちに配りたいのですが、使用させていただけないでしょうか?
よろしくお願いします(>_<)
Posted by 実習生 at 2012年06月15日 07:09
実習生さま

実習お疲れ様です!

はい、私の作品でよろしければ、是非授業でお使いになってください!

生徒さんたちに少しでも楽しんでもらえたら嬉しいです(^-^)
Posted by 柴田 at 2012年06月15日 08:49
初めまして。

私も高校で国語を教えております。

みなさまと同じように古文のおもしろさを伝えるのに苦労しています。

とてもわかりやすい漫画でしたので、ぜひ授業で使わせて頂きたいです!
よろしくお願いします。
Posted by 高校講師 at 2012年06月16日 23:38
初めまして!私も今授業で古典を教えております。
とてもわかりやすく、かわいらしいマンガで、ぜひ授業のプリントに掲載させていただきたいです。
私の場合、吹き出し部分を白抜きにして、要所要所の登場人物のセリフを入れさせることで、あらすじの確認としたいのですが、吹き出しの所、少々いじってもよろしいでしょうか?
素晴らしいイラストをありがとうございます!感謝です^^
Posted by 梨花 at 2012年06月20日 11:40
初めまして!私も今授業で古典を教えております。
とてもわかりやすく、かわいらしいマンガで、ぜひ授業のプリントに掲載させていただきたいです。私の場合、吹き出し部分を白抜きにして、要所要所の登場人物のセリフを入れさせることで、あらすじの確認としたいのですが、吹き出しの所、少々いじってもよろしいでしょうか?
Posted by 梨花 at 2012年06月20日 11:44
梨花さま

コメントありがとうございます。

漫画の有効利用を考えてくださったのですね!素晴らしいです!

是非、工夫して活用なさってください。

生徒さんたちから「いざ」が訳してねーよ、とツッコまれそうですが(^o^;)

よろしくお願いします。
Posted by 柴田 at 2012年06月20日 12:36
初めまして。
通信制高校での授業内容をHPでアップしています。
授業内容がちょうどここだったのですが、話のおもしろさをうまく表現できないか、と探していたところ、御ブログに辿り着きました。漫画を本校のHPにアップしてよろしいでしょうか。
よろしくお願いいたします。
Posted by 通信制高校教師 at 2012年11月17日 10:05
通信制高校教師様

コメントありがとうございます!
お返事が遅くなって申し訳ありません!

漫画を授業等でお使いいただくのは、特に制限を設けておりませんが、HPにアップされる場合はリンク先も貼っていただけますでしょうか。そうしていただければ幸いです。

よろしくお願いいたします!
Posted by 柴田 at 2012年11月20日 00:16
高校教師一年生です。枕草子の資料を探していたときにたどり着きました。本当にわかりやすくて素晴らしいです。ぜひ授業で使わせていただきたいのですが、よろしいでしょうか?
枕草子から、メッセージを送る方法がわからなかったため、こちらから失礼いたします。
Posted by ひな at 2012年11月29日 22:04
ひな先生、

たどり着いていただき、ありがとうございます。

私の描いたものでお役に立てますなら、是非お使いになってください。

高校生はこれから期末テストですよね〜。
準備もいろいろと大変だと思います。お疲れ様です!
Posted by 柴田 at 2012年11月29日 22:12
はじめまして。
高校で古文を担当しております。
こちらのイラストがとてもわかりやすく、
教材として使いたいのですがよろしいでしょうか。
お願い申し上げます。
Posted by はな at 2014年04月16日 21:29
はな先生、
コメントありがとうございます。
ブログに掲載しているマンガはコピーなどして、ご自由にお使いになってください。
楽しい授業になれば嬉しく思います。
よろしくお願いします。
Posted by 柴田 at 2014年04月16日 21:34
高校で教員をやっています。みなさんもお悩みのように私も古文の楽しさを生徒に伝えるのに苦労しています。いかにして生徒を寝かさないように授業を行うか、いつも戦いです(笑)
いろいろと資料を探しておりましたら、こちらのHPにたどり着きました。今度の授業で「児の知恵」という単元を扱うのですが、こちらも漫画にしていただけないでしょうか・・・あつかましいお願いなのですが、なにぶん絵心がないので、私の自作の絵では世界観が伝わらないような気がしています(笑)よろしくお願いします。
Posted by りんごあめ at 2014年04月22日 17:44
りんごあめ先生、
コメントとリクエストをありがとうございます!
「児の知恵」ですね。
今すぐ!とはいきませんが、近いうちに取りかかります。
少しでも先生の日々の戦いに加勢できたら、と思います。
しばしお待ちください。
Posted by 柴田 at 2014年04月22日 20:39
こんにちは。4月16日に書き込みました「はな」です。

先日授業で生徒にこちらのイラストをプリントし配布しました。
授業のまとめとしましたが生徒も楽しがっていました。
授業参観でも親御さんがのぞき込んでいましたので私も「やったね」と心の中で思いました。

ありがとうございました。
Posted by はな at 2014年04月30日 20:27
はな先生、

おぉ!それはまさしく「やったね!」ですね。
私もその場にいたかったです(*^_^*)
これをきっかけに、少しでも古文に興味を持ってもらえたら、さらに嬉しいことですね。
Posted by 柴田 at 2014年04月30日 20:41
私も高校教師です。
生徒に、「おもしろそう」って思ってもらえたらなって思っています。ぜひ使わせてください。
Posted by bakky at 2014年05月19日 22:36
Bakky先生、
コメントありがとうございます。
生徒さんたちに少しでも楽しんでもらえたら嬉しいです。
どうぞ、授業でお使いください。
よろしくお願いします。
Posted by 柴田 at 2014年05月19日 22:45
はじめまして。あとと申します。
高校で古文の授業をするにあたって
生徒の理解を深めるため、また興味をもってもらうため
よければ児のそら寝の漫画を教材として使わせていただきたいと思い、コメントさせていただきました。
Posted by あと at 2014年06月04日 10:00
あと先生、
コメントありがとうございます。
私のマンガでお役に立てるのであれば、どうぞ授業でお使いになってください。
生活さんたちにも楽しんでもらえたら嬉しいです。
Posted by 柴田 at 2014年06月04日 10:13
こんにちは。
高校で古文を教えています。
今度オープンスクールで中学生にむけて授業をするのですが,児のそら寝の漫画を,教材として使用させていただいてよろしいでしょうか。
また,吹き出しのところを空白にして,登場人物の言葉を書き込ませるなどしても構いませんか。
よろしくお願いします。
Posted by りんりん at 2014年07月25日 16:36
りんりん先生、
お仕事お疲れ様です。
こちらの漫画がお役に立てるようでしたら、オープンスクールでの授業に是非お使いください。
吹き出しに台詞入れるアクティビティも、面白そうですね!少しでも中学生の皆さんに、楽しく古文を学んでいただきたいです。
よろしくお願いします。
Posted by 柴田 at 2014年07月25日 16:46
はじめまして!高校で教員をしています。随分と前に公開された記事なのにコメント失礼します…。皆さん同じ質問をされていて、授業での使用は可ということですが、私もぜひ授業で使用させていただきたいなと思いコメントさせていただきました。無断で使用するのも何だかと思ったので…。よろしかったら使わせてください。
Posted by るり at 2016年05月05日 10:42
るり先生、

コメントありがとうございます。
はい、他の方への返信にも書いています通り、授業での使用には制限を設けておりませんので、どうぞお使いください。
楽しく学習してもらえたら嬉しいです。
Posted by 柴田 at 2016年05月05日 11:13
高校の教員をしているものです。
異動した先の学校は教材作りで相当苦労するようなところです。たまたまそちらのサイトを発見しました。
授業で使用させてください。よろしくお願いします。
Posted by タカム at 2016年06月03日 08:19
タカム先生、
コメントありがとうございます。
教材作りは大変でしょうね。私のイラストがお役に立てるのであれば、どうぞお使いください。
生徒さんたちにも楽しんでもらえたら嬉しいです。

Posted by 柴田 at 2016年06月03日 10:02
新しく担当する授業の資料集めをしており、こちらのサイトに出会いました。
各文の対応や心話文などの表現が視覚的にえることができ、大変参考になりました。
ぜひとも授業にて私も使用したく思っております。
よろしくお願いします。
Posted by 新米教員一年め at 2017年12月04日 13:06
新米教員一年め先生、
コメントありがとうございます。古文の授業は何かと準備が大変ですよね〜。
私のマンガがお役に立てそうでしたら、どうぞお使いになってください。
生徒さんたちにも楽しんでいただけたら嬉しいです!
Posted by 柴田 at 2017年12月04日 17:37
以前教育実習の際に、許可をいただいてこちらの漫画を使わせていただいた者です。
今年から高校の教員となりましたが、授業でもこちらの漫画を使わせていただきたく思いますが、よろしいでしょうか?また、文字など消して穴埋めにもしたいと思っています。ご了承いただけるとうれしく思います。よろしくお願いします。
Posted by 高校新米 at 2018年04月09日 19:35
高校新米先生、

ご就職おめでとうございます。
見事に先生になられたのですね。大変なこともあるかと思いますが、頑張ってください!
ブログがお役に立てるなら嬉しいです。授業でお使いいただいて構いません。
先生のアイデアで、使い方も自由になさってください。
Posted by 柴田 at 2018年04月09日 20:52
はじめまして!
すてきなブログと漫画、拝見いたしました。
現在、高校で教育実習をしているものです。
今回の実習で「児のそら寝」を担当することになり、教材研究をしております。
こちらの漫画を授業の導入のために配付したいのですが、よろしいでしょうか。
ご了承いただけると幸いに存じます。
よろしくお願いします。
Posted by 教育実習生 at 2018年05月31日 16:30
教育実習生さま
実習お疲れ様です。お忙しい中コメントをありがとうございました。
はい、ブログの漫画は授業でお使いいただいて構いません。
生徒の皆さんにも是非ご紹介ください。今後の古文の勉強のお供になれたら嬉しいです。
よろしくお願いします!
Posted by 柴田 at 2018年05月31日 17:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック