2009年01月12日

那須

奥の細道です。
〈本文〉
 那須の黒羽(くろばね)といふ所に知る人あれば、これより野越えにかかりて、直道(すぐみち)を行かんとす。はるかに一村を見かけて行くに、雨降り日暮るる。農夫の家に一夜を借りて、明くればまた野中を行く。そこに野飼(のが)ひの馬あり。草刈るをのこに嘆きよれば、野夫(やぶ)といへども、さすがに情け知らぬにはあらず。
「いかがすべきや。されども、この野は縦横(じゅうおう)に分かれて、うひうひしき旅人の道踏みたがへん、あやしうはべればこの馬のとどまる所にて馬を返したまへ。」と貸しはべりぬ。小さき者ふたり、馬の跡したひて走る。ひとりは小姫(こひめ)にて、名をかさねといふ。聞きなれぬ名のやさしかりければ、

 かさねとは八重撫子(やえなでしこ)の名なるべし  曽良(そら)

 やがて人里に至れば、あたひを鞍壺(くらつぼ)に結び付けて、馬を返しぬ。
nasu.jpg
〈juppo〉明けたと思ったら、もう12日ですね。新年。皆さん、今年もよろしくお願いいたします。

 久しぶりの『奥の細道』です。前回埼玉県の「草加」にいた芭蕉さんは、いつの間にか栃木県の那須野に到着しています。素早いですね。隠密説が出る訳ですね。

 近道を行くはずだったのに、道に迷って一晩農家に泊まっています。暗くなって道がわからず、雨まで降ってくるなんてそりゃあ心細いですよね〜。
 
 「野夫といへども」とはちょっと上から目線の表現ですが、その、田舎者の百姓の人、親切ですよね。
 草刈り中なので一緒には行けないけど、馬を貸してやるから止まったら返してくれ、とは見上げた大雑把さです。馬はひとりで飼い主の元に帰って行くということですよね?

 渡る世間に鬼はなし、な話でした。

 「かさね」の句を詠んだのは今回、芭蕉さんではなく、同行している弟子の曽良です。『奥の細道』には時々、この曽良の句も登場します。


 「かさね」という名が優雅なので、とありますが、私は「かさね」という名は『怪談 累が淵(かさねがふち)』を思い出してちょっと怖いです。
【関連する記事】
posted by juppo at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥の細道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック