2009年01月17日

がんばれ!受験生!!

1月も半ばを過ぎ、中学入試まであと半月足らず。今年は久しぶりに中学受験の生徒を担当していて、私の頭の中もそろそろ入試でいっぱいになっている。中学に限らず受験は大変だけれど、その大変な試練を僅か12才で乗り越えなければならないのかと思うと端で見ているこちらまで困憊するほど、中学受験は本当に大変だと思う。


さて受験生を教えることになると当然、私も端から過去問を解く。私が合格しちゃうよ、というくらいに解く。お母さんの年齢が子どもの年齢の2倍になるのは何年後ですか。A君がB君を追い越すのは二人が走り始めてから何分何秒後ですか。出来上がった食塩水の濃さは何%ですか。あ〜、もうそんなこたぁどうでもいいや〜、と思いつつ、そんなこと以外は何も手につかない。あと半月は。


 ところで、入試問題でなくても、国語の教科書や問題集に載っている小説などの抜粋を読んで、感動してうるうるしてしまうことはないですか?私はよくあります。「試験中に泣きそうになったらどうするんだろう。」と言ったら「そんなことは、ないよ。」と以前生徒に一蹴されたけれど。

 確かに自分が学生だった時に、いちいちその文章に何かを感じたなどという、はっきりした思い出はないのだが、大人になってからそういうものに触れる機会が多いせいか、教材の中の作品が、私は時々気になる。気になって、出典が記されていればその本を探して読んでみたりする。
 出典をメモっておいて忘れてしまった作品も数知れないけれど、さだまさしの『精霊流し』や川上健一の『雨鱒の川』を読んだのは中学や高校の入試問題で一部を読んだのがきっかけだった。

 さすがに、恐らく学校の先生が好んで選んで吟味して抜粋しているだけあって、特に入試問題に採用されるような作品で、一部だけ読んでも感動できるものならば、全編読んでもハズレはない。


 皆さんも勉強しながら気になる作品があったら、合格してからでもゆっくり読んでみてください。


 そして中・高・大すべての受験生の皆さん、ゴールはもうすぐです。あと少し、頑張ってください!

 みんなで爛漫の春を迎えましょうかわいい

『Life Is So Good』。高校の英語教科書で抜粋を読み、その後図書館の洋書コーナーで借りて読みました。それまで読み書きが出来なかったGeorge Dawsonさんは98才で初めて学校に行ってアルファベットから学びます。勉強はいつから何を始めても、決して遅過ぎるということはない、ということを教えてくれる一冊。

posted by juppo at 21:31| Comment(4) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変ご無沙汰していました。
試験の時に読んだ文章…
私、大抵気になったものは本屋や図書館で探して読んでましたね〜
出典が書かれてるものはいいのですが、
分からないものは先生に聞くとかして調べてね。
同じ作家の他の本に触れると、また世界が広がりますしね。
受験勉強は大変ですが、一息ついたときに
その勉強が実はツライだけじゃなくて
自分を成長させてくれてるってことに気付いて感動して欲しいですね♪
Posted by Parker at 2009年01月18日 09:20
Parkerさま

こんにちは!コメントありがとうございます。
Parkerさんも、そういう経験をお持ちでしたか!探して見つけて読む喜びは、平積みのベストセラーを読む何倍にも値しますよね。

本当に、受験は何かと問題もあると思いますが、結果はどうあれ、勉強したことはひとつも、決して無駄ではないと皆さんに思って欲しいです。
試験前の日々が後から懐かしく思い出されるような、そんな勉強の時間を私も受験生と過ごしたいといつも思っているんですよー。
現場ではなかなか、そうもいかないんですけどね〜。


Posted by 柴田 at 2009年01月18日 21:18
センター終わりましたー。
自己採点したくありません…(/_;)
前期は2次科目ないんで、挽回できる後期勉強を明日からやります…
 
それはそうと、確かに現代文の小説は毎回気になります!
何月かの模試に出た「羽織と時計」なんて小説は続きが読みたくて調べたんですけど、出典が大正とか明治あたりで古すぎて、図書館は愚か店にもないような…
結局読めませんでした。
 
センターの過去問の絹子さんの話は続きも図書館にあったので読めました〓
センター終わったのに解放感がありません〓
Posted by わた at 2009年01月19日 03:55
わた様
センター試験、お疲れさまでした!!
まだ後期もあるし、終わってすぐはなかなか解放感に浸れないのかも知れませんね(>_<)
でも少し休息を取って、健康にも留意しながら勉強を続けてくださいね(^-^)
『羽織と時計』の話、気になりますね〜!私も読んでみたいです。明治〜大正の文学は好きなので。
後期も頑張ってください!本当にあと少しですよ〜(^O^)/

Posted by 柴田 at 2009年01月19日 04:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

たまっていた教材や参考書を一気に覚えました
Excerpt: 静岡県 渡辺 真希子さん 17才 もうすぐ高校3年生になってしまうのですが、周りの友達が一斉に塾に行き始め、私もどうにかしなきゃと焦っていました。 ですが私は塾にいくつもりなどな..
Weblog: 川村明宏の記憶術のやり方【一人勝ち記憶術通信講座】
Tracked: 2009-01-22 21:57

この教材は、しっかりと成果を出してもらうためのサポートを軸と...
Excerpt: 長い手紙にお付き合いいただきありがとうございました。この手紙の中でも書きましたが私はそろそろインターネットビジネスからは身を引こうと思っています。ネットは近いうちに稼げなくなるとか、やりがいがないとか..
Weblog: 情報商材アフィリエイトブログで初心者でも稼ぐ極意【失敗しようがない極意】
Tracked: 2009-01-23 18:50

教材を通して、あなたの成功をお手伝いする代わりの対価
Excerpt: 何度も言いますが、価格の高さは私たちの本気の表れだと思ってもらってもいいです。(私自身は、安すぎるくらいだと思っていますが。)きっちりとした対価をいただく分、それ以上に価値があるものをご提供します。そ..
Weblog: 情報商材アフィリエイトブログで初心者でも稼ぐ極意【失敗しようがない極意】
Tracked: 2009-01-25 12:01

中学受験のメリット・デメリット
Excerpt: 不況でもますます加熱する中学受験。日能研、サピックス、四谷大塚、市進、早稲田アカデミー、栄光などなどちょっとした街には、大手の進学塾が進出しています。じゃ、ウチの子にはどこがいいの、と考える前に読んで..
Weblog: 中学受験 塾はどこがいい?
Tracked: 2009-01-30 13:00