2009年11月09日

帰京@

リクエストにお応えします。土佐日記、2月16日後半です。

〈本文〉夜ふけて来れば、所々も見えず。京(きょう)に入(い)り立ちてうれし。家に至りて、門(かど)に入るに、月明(あ)かければ、いとよくありさま見ゆ。聞きしよりもまして、言ふかひなくぞ、こぼれ破(や)れたる。家に預けたりつる人の心も、荒れたるなりけり。中垣(なかがき)こそあれ、ひとつ家のやうなれば、望みて預かれるなり。さるは、便りごとに、ものも絶えず得(え)させたり。こよひ
「かかること。」と声高(こわだか)にものも言はせず。いとはつらく見ゆれど、心ざしはせむとす。
 さて、池めいてくぼまり、水つける所あり。ほとりに松もありき。五年(いつとせ)六年(むとせ)のうちに千年(ちとせ)や過ぎにけむ、かたへはなくなりにけり。今生(お)いたるぞまじれる。

kikyou1.jpg
〈juppo〉土佐日記は『門出』から時系列を追って順に描いておりましたが、リクエストをいただきましたので急遽途中をすっ飛ばして最後の日をお届けします。

 私の手元にある訳本では、この日の日記は『入京』というタイトルで内容がもっと長いのですが、全部描こうかどうしようか迷った挙げ句、おそらく教科書にはこの後半部分しか載っていないんじゃないかな、と勝手に判断して半分にしました。

 前半部分が読みたい、すっ飛ばした途中が読みたい、と思った方はしばらくお待ちください。とりあえず完結させてしまってから戻ります。

 私としては、こちらはタイトルにある通り高校古文のブログなので、高校生(を含む学生の方)が読みたいものから描く、というスタンスを取りたいと思います。

 今ここを読んでいる学生の皆さんも、順序に関係なくリクエストをお寄せくださいね。すぐに対応出来るとは限りませんが。



 今回描かなかった前半部分は、言うまでもなく京に入ってから家に着くまでの道行きです。
 
 そしてこの部分で、紀貫之さんは五年だか六年だか千年だか離れていた自宅にやっと帰って来たのです。

 隣の人に留守を頼んで行ったのに、あまりにヒドイ保存状態に絶句している所です。

 日記だからなのか、隣の人のことなのに、包み隠さない心情を綴っていますよねー。日記だから、隣の人が読むことを想定していないんでしょう。実際、隣の人の目には触れなかったのでしょうか。
 貫之さんの、帰京後の近所付き合いが心配になります。

 言うだけ言っておいて「心ざしはせむとす」なんて書いているのが、真面目で面白いですけどね。


 もう1回だけ続きます。近日中にお届け出来ればと思います。




 ところで先月、私はTSUTAYAで週に5本DVDを借りていました。「こんなことではいけない。」と思いつつ、ただでさえ忙しいのに、というよりこんなことしてるから忙しかったんですが、ひたすら視聴に追われる日々でした。
 最近やっと減らして今2本です。

 何をそんなに見ていたのか、の話はまたいずれ。
posted by juppo at 19:49| Comment(12) | TrackBack(0) | 土佐日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!

テストのときは、いつも漫画を
拝見してます。本当に分かりやすくて、
内容の理解が前より、深まりました。
ありがとうございます。

突然なんですが、今度の期末テストで、
徒然草が範囲なんですけど、
「九月二十日のころ」を、
リクエストします。

無理なお願いすいません。
よろしければ、お願いします。

Posted by fukiyo at 2009年11月21日 17:39
fukiyoさま

コメント&リクエスト、ありがとうございます!
このブログを勉強に使っていただいているとは、感激です。
徒然草『九月二十日のころ』は、近日中に描いてUPしますね!

期末テスト、頑張ってください!!
Posted by 柴田 at 2009年11月21日 19:24

ありがとうございます!!!
本当に感謝です。
テストがんばりますね!

これからも、頑張ってください。
応援してます。
Posted by fukiyo at 2009年11月22日 11:07
fukiyoさま

応援ありがとうございます!!

『九月二十日のころ』を描きましたよ〜!
面白いストーリーでした。楽しんでいただけたら、幸いです。
Posted by 柴田 at 2009年11月22日 20:49
このサイト大好きです.
私は中学3年生で中高一貫の学校に通っています.
眠くて睡魔と戦っているうちに時間が過ぎてしまい訳を聞き取れないことも多いのです.

このサイトなら教科書にも忠実だしかわいい絵で楽しく勉強できて本当にありがたいです.

これからもいろいろな訳をお願いします.
Posted by さくさく at 2010年11月27日 20:10
さくさく様

毎日の勉強、お疲れ様です!
古文の授業って眠くなりますよね。
当ブログで少しでも楽しく学習のお手伝いが出来れば何よりです。

頑張ってください!
Posted by 柴田 at 2010年11月27日 20:23
はじめまして。

「土佐日記 帰京」を検索してここに辿りつきました。

訳した後もちんぷんかんぷんだったものがすごく分かりやすくてビックリしました!!


本当にいきなりで失礼かと思いますが、お願いがあります。
このブログのイラストを授業で作る資料に活用したいのですが・・・

あらすじを分かりやすくまとめるのに困っているので、もしよかったら許可をお願いします。
Posted by みか at 2011年04月14日 20:44
みか様

コメントありがとうございます。まじめに古文に取り組んでいらっしゃるのですね〜。感心します。

授業の資料にこのイラストを・・・もちろんOKですよ〜!!
わかりやすい資料をぜひ作ってください。
お役に立てたら嬉しい限りです。
Posted by 柴田 at 2011年04月14日 21:56

ありがとうございます!

これでいい資料ができる気がします(*^_^*)


資料の引用にこのブログの名前かURLを書きたいのですが大丈夫ですか?
Posted by みか at 2011年04月14日 22:52
大歓迎です!
名前でもURLでもどんどん晒しちゃってください!
とてもいいPRになると思います。ありがとうございます!
Posted by 柴田 at 2011年04月14日 22:59


古典苦手なのでこれからこのブログに通いそうです;;

それではブログ名とURLを書かせていただきます!

ありがとうございました!!
Posted by みか at 2011年04月14日 23:10
みか様

最近サボりがちなブログですが、良かったらまた来て活用してください(^-^)

リクエストもあったらどうぞ。
スグにお応えできるかわからないですけど…(^^;
Posted by 柴田 at 2011年04月14日 23:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック