2010年11月24日

梅の立ち枝@

またご無沙汰してしまいました。リクエストにお応えします。『更級日記』です。
〈本文〉
 いと暗くなりて、三条の宮の西なる所に着きぬ。広々と荒れたる所の、過ぎ来(き)つる山々にも劣らず、大きに恐ろしげなる深山木(みやまぎ)どものやうにて、都の打とも見えぬ所のさまなり。ありもつかず、いみじうものさはがしけれども、いつしかと思ひしことなれば、「物語求めて見せよ、物語求めて見せよ。」と母をせむれば、三条の宮に、親族(しぞく)なる人の衛門(えもん)の命婦(みょうぶ)とてさぶらひける、たづねて文(ふみ)やりたれば、めづらしがりて、喜びて、「御前(おまえ)のをおろしたる。」とて、わざとめでたき草子(そうし)ども、硯(すずり)の箱の蓋(ふた)に入れておこせたり。

ume.jpg
〈juppo〉久しぶりの更新で久しぶりの『更級日記』です。『徒然草』でまだ何作か、リクエストをいただいているのがあるのですが、ちょっと先にこちらを描きます。

 久しぶりの『更級日記』ですが、前に描いたのは作者の「菅原孝標(すがわらたかすえ)の娘」とその一家が、東の方から京に向かって旅立って後、武蔵の国まで来た所まででした。
 まだ全然関東地方だった訳ですが、その後の道中はすっ飛ばして今回はいきなり京に着いた所です。

 都と言っても片隅らしく、全然都会っぽさがないようです。
思い出しましたが作者は文学オタクの少女だったので、相変わらず本を読ませろと騒いでいますが、都と言っても片隅なので、思うように本を入手出来ないところから、また始まっているんですね。



 続きがあります。なるべく早く描きたいと思います。
そんな合間を縫って、先週公開になった『ハリポタ7』をいつ見に行こうかな、と考えているところでもあります。

 私の周りは風邪をひいている人だらけで、私もいつひいてもおかしくない状況ですが、なんとか持ち堪えています。期末テストが終わるまで頑張りたいです。
 皆さんも気をつけてください!

【関連する記事】
posted by juppo at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 更級日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
あっというまに師走ですね。

ハリポタも気になりますね。「3Dはさぞかし」とか思うし。
ただ前後編の二部つうのがイラッとしますが。

うちの1号も大会明け早々に試験前になってて、反射神経しかない脳ミソを使ってぐんなりしてます。
大学とかいけるのか心配だわ…

Posted by 金さん at 2010年12月01日 07:46
金さん!

早朝コメントありがとうございます。

ハリポタ、「前後編に分けてもその長さか」な上映時間にも萎えますが、やっぱり楽しみです。

それにしても高校生は忙しいですね。若さで乗り切れるんでしょうね。
テスト頑張ってください〜(^-^)
Posted by 柴田 at 2010年12月01日 08:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック