2011年03月24日

ふと心劣りとかするものは@

ご無沙汰しました。皆さん、元気ですか!?
『枕草子』第百九十五段です。リクエストにお応えしています。
〈本文〉
 ふと心劣りとかするものは、男も女もことばの文字いやしう使ひたるこそ、よろづのことよりまさりてわろけれ。ただ文字一つに、あやしう、あてにもいやしうもなるは、いかなるにかあらむ。さるは、かう思ふ人、ことにすぐれてもあらじかし。いづれをよし悪(あ)しと知るにかは。されど、人をば知らじ、ただ心地にさおぼゆるなり。
 いやしき言(こと)もわろき言も、さと知りながらことさらに言ひたるは、悪しうもあらず。わがもてつけたるを、つつみなく言ひたるは、あさましきわざなり。また、さもあるまじき老いたる人、男などの、わざとつくろひひなびたるは、にくし。

futokoko1.jpg
〈juppo〉このたびの震災、原発事故で被害に遭われた方、避難されている方、心よりお見舞い申し上げます。

 私はその時たまたま家にいました。東京の我が家は無事でしたが、揺れはかなりのものでした。日ごろから乱雑にしている私の部屋だけが、いろいろなものが落ちてめちゃめちゃでした。

 私が日本語を教えていた外国人たちが翌日から一斉に帰国してしまい、日本語教師としては現在失業状態です。
 塾の先生の仕事はあるので、春休みの宿題などを手伝う日々です。

 とりあえず、私は無事で、元気です。毎日TVのニュースを見て胸を痛めるだけで、被災地の救済のために出来ることは大してない非力を痛感していますが、自分に出来ることをしたいと思います。

 
 そういう訳で、久しぶりの更新です。
 去年いただいたリクエストからの作品です。


 訳からマンガにするのに、ちょっと時間がかかりました。
 
 清少納言が人の言葉使いに苦言を呈する内容なのですが、その言葉使いが今の言葉ではないので、清少納言さんがどういうことにイラついているのか、お伝えするのが難しいんですよ。

 今回は現代語で会話の例をちまちま入れていますが、そういうことで良いのかどうか、曖昧なまま描いてしまっています。まぁ、こういうことなんだろうな、と思いながら。


 私自身は、今回の清少納言さんにかなり近いです。
 TVを見ながら間違った言葉使いに心の中でツッコミを入れたりしています。

 言葉は変わって行くものなので、もう『「ら」抜き』あたりはどうすることも出来ない現象だと諦めてはいても、やっぱり気になります。

 『「ら」抜き』を猛追する勢いなのが『「れ」入り』ですね。「選べれない」とか「待てれない」とか。まさかこれも定着していってしまうのかと思うと、暗澹たる思いです。


 個人的に、一番イヤなのは「違う」という動詞を「違くて」とか「違かった」と形容詞的に活用させる言い方。これもイヤだけど、もう仕方がないことなのでしょうね。


 ともかく、言葉の好き嫌いなどは本当に些末なことに思える現在で、先が見えないのに古典を学んでも、とさえ思える状況ですが、過去があって未来があるのだし、生活していく中で文化は不可欠ですから、私はこれからもこのブログを続けることで、頑張っていきたいと思います。


 そして、後半があります。
 続きは近日中に。
 
posted by juppo at 16:19| Comment(5) | TrackBack(0) | 枕草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもブログを見るのを楽しみにしています^-^ 更新されるのが楽しみです(^^♪
Posted by ゴリ at 2011年03月27日 12:41
ゴリ様

コメントありがとうございます!
めったに更新しないブログになってしまっていてスミマセン(>_<)

これからもよろしくお願いしますね!
Posted by 柴田 at 2011年03月27日 12:53
私ゎ地震があった時は学校にいました
小学校ぶりに机に頭をいれました(・・;)


清少納言さんゎ真面目な人なんでしょうか…?
私も「あざーす」なんて言われた日ゎ一日「なんかおかしい…」って思ってますね(笑)
Posted by ぴか at 2011年03月27日 23:07
ぴかちゃん、こんにちはー。ご無事で何より。
日頃の避難訓練が役に立ったのですね!

清少納言さんは多分、文学とか言語を愛し過ぎていて、それがないがしろにされるのがガマン出来ないタイプなんじゃーないですかね?
いつもそうですけど、こだわりもかなり強い女性ですよね!
Posted by 柴田 at 2011年03月27日 23:29
ここでリクエストしてしまうことになるのですが、
「宮に初めて参りたるころ」をUPしてもらえますか?
できれば早めにお願いします^^
Posted by 匿名 at 2011年05月07日 18:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック