2011年05月16日

宮にはじめてまゐりたるころA

続きです。
〈本文〉
見知らぬ里人(さとびと)心地には、かかる人こそは世におはしましけれと、おどろかるるまでぞまもりまゐらする。
 暁にはとく下(お)りなんといそがるる。「葛城(かつらぎ)の神もしばし」など仰せらるるを、いかでかはすぢかひ御覧ぜられんとてなほ伏したれば、御格子(みかうし)もまゐらず。女官どもまゐりて、「これはなたせ給へ」などいふを聞きて、女房のはなつを、「まな」と仰せらるれば、わらひて帰りぬ。
 ものなど問はせ給日、のたまはするに、ひさしうなりぬれば、「下(お)りまほしうなりにたらむ。さらば、はや。夜さりはとく」と仰せらる。
 ゐざりかへるやおそきとあげちらしたるに、雪降りにけり。登花殿(とうくわでん)の御前(おまへ)は立蔀(たてじとみ)ちかくてせばし。雪いとをかし。
hajimete2.jpg〈juppo〉間に合ったでしょうか。リクエストくださる方々にとっての期日にはなかなか間に合わせることができません。たまたま探していて見つけられたという人の方がラッキーなのかもしれません。でも、せっかくの期待には常に応えたいと思っております。

 さて、恥ずかしいのでさっさと帰りたい清少納言さんですが、中宮さまはそう簡単に帰してくれないのですね。両思いじゃないですか。
 葛城の神とは、奈良と大阪の間にある葛城山とかに住んでいる神様のことだそうで、醜いので夜しか姿を表わさないんだそうです。呪いで夜しか真の姿に戻れない、てなお話はいろいろありますよね。私は映画の「レディホーク」を思い出しました。
 
 女官と女房という人たちが出てきますが、おしなべてみんな女房です。女官たちはちょっと位が上くらいに思えばいいみたいです。


 ところでこの段はまだ続きがあります。教科書にどこまで載っているのか、果たして教科書に載っているからのリクエストなのかもそもそもわかりませんが、この続きはいずれまた描きます。場合によっては近日中に。


posted by juppo at 00:33| Comment(14) | TrackBack(0) | 枕草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして…
「何十年前に覚えた千年前の話より、昨日今日の事の方が大事でしょ〜」と子供達に言われながらも、高校時代(柴田様と同世代です!)に習った古文が(時折)口をついて出ます。

このブログの解説はとても分かりやすく、マンガも可愛いですね。時折諳んじる一文の出典(?)が気になった時、ここに訪れています。これからも、いい勉強させてください。楽しみにしています。

Posted by こるごん at 2011年06月01日 00:37
こるごん様

コメントありがとうございます。
学生の方たちのみならず、こるごんさんのような大人の皆さまにも見ていただいていると思うと、とても嬉しく心強いです。
もっと頑張って更新せねば!という励みにもなるのですけど、現実はこのていたらくです(-ロ-;)

もう少ししたら、更新頻度を上げられるかも知れません!うっすらご期待ください。
Posted by 柴田 at 2011年06月01日 00:49
高校国語教師です。授業中下手な絵を書きながら古文を教えています。クラスの5〜10%の生徒にはウケているみたいです。
先日このブログを知り、柴田先生の漫画を参考に授業をしてみたのですが、これは著作権にひっかかりますでしょうか?
Posted by へぼきょうし at 2011年06月04日 20:23
へぼきょうし様

ありがとうございます!
私の絵を授業で使っていただけるのは嬉しい限りです。
著作権なんてとんでもない!そんなちゃんとしたモノじゃないですから、どうぞご自由にお使いください。

楽しい授業になると良いのですけど(*^^*)
Posted by 柴田 at 2011年06月04日 23:24
寛大なご回答、感謝いたします。

かわいらしく、おもしろく、わかりやすい貴ブログのさらなる発展、充実を祈念いたします。
Posted by へぼきょうし at 2011年06月05日 12:02
へぼきょうし様

ご丁寧にありがとうございます!
これからも皆さまに愛されるブログを目指して頑張ります!
Posted by 柴田 at 2011年06月05日 13:11
お返事遅れて申し訳ございません!
ありがとうございました!!
おかげで助かりました♫

またリクエストしてしまうことになり申し訳ないのですが…
蜻蛉日記のなげきつつひとり寝る夜
をお願いできないでしょうか?
よろしくお願いいたします
Posted by 匿名 at 2011年06月21日 00:09
匿名さま

コメント&更なるリクエスト、ありがとうございます!

蜻蛉日記のその作品、なるべく早くご覧に入れたいと思いますが、お約束できません(>_<)
あまり期待せずにお待ちください〜m(__)m
Posted by 柴田 at 2011年06月21日 12:31
またリクエストすみません!

できたら
紫式部日記の「秋のけはひ」
をお願いしまーす!
Posted by 匿名 at 2011年06月28日 00:42
匿名さま

立て続けのリクエストありがとうございます!

リクエストには常に前向きに善処するつもりでおりますが、お役に立てない場合もあります(-_-;)
ご了承ください。

なるべく頑張ります…。
Posted by 柴田 at 2011年06月29日 21:06
いつも貴ブログを拝見させていただいております高校教師です。
少しでも古典の面白さを伝えるために参考にさせていただいております。

お忙しいとは思いますが、『沙石集』の「いみじき成敗」を作品にしていただけたらありがたいです。

是非一冊の本にしてほしいです!
これからも拝見させていただきます。
Posted by みや at 2011年10月13日 22:31
みや先生、

コメント及びリクエストをありがとうございます。
古典の面白さが少しでも生徒さんたちに伝わると良いのですけど・・。
『沙石集』、ご期待に沿えるかどうか分かりませんが、作品にしたいと思います。

いつか本当に本になるまで、このブログは続けるつもりでおりますので、今後も是非お立ち寄りください。
Posted by 柴田 at 2011年10月13日 23:21
こんにちは、初めまして。

高校で国語を教えているものです。柴田さまのマンガを、授業の配布プリントに掲載させていただきたいのですが、かまわないでしょうか?

これから他の記事も拝見させていただきます。

更新楽しみにしていますね♪
Posted by とりっこ at 2013年05月10日 10:54
とりっこ先生、

コメントありがとうございます。
当ブログの漫画は、どうぞご自由に授業で活用なさってください。
少しでも内容が生徒さんたちに伝われば、嬉しいです!
これからもよろしくお願いします。
Posted by 柴田 at 2013年05月10日 13:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック