2011年10月12日

漁父之辞@

リクエストにお応えします!さんざんお待たせしてすみません!!
<本文>
屈原既放、游於江潭、行吟沢畔。顔色憔悴、形容枯槁。漁父見而問之曰、「子非三閭大夫与。何故至於斯。」屈原曰、「挙世皆濁、我独清。衆人皆酔、我独醒。是以見放。」
漁父曰、「聖人不三凝滞於物、而能与世推移。世人皆濁、何不淈其泥、而揚其波。衆人皆酔、何不餔其糟、而歠其釃。何故深思高挙、自令放為。」
<書き下し文>
屈原(くつげん)既に放たれて、江潭(こうたん)に游び、ゆくゆく沢畔(たくはん)に吟ず。顔色憔悴し、形容枯槁(ここう)せり漁父(ぎょほ)見て之に問うて曰く、「子は三閭大夫(さんりょたいふ)に非ずや。何の故に斯(ここ)に至れるか」と。屈原曰く、「世を挙げて皆濁り、我独り清めり。衆人皆酔ひ、我独り醒めたり。是を以て放たれたり」と。
漁父曰く、「聖人は物に凝滞(ぎょうたい)せずして、能く世と推移す。世人皆濁らば、何ぞ其の泥を淈(にご)して、其の波を揚げざる。衆人皆酔はば、何ぞ其の糟を餔(くら)ひて、其の釃(しる)を歠(すす)らざる。何の故に深く思ひ高く挙がり、自ら放たれしむるを為すや」と。
gyoho1.jpg
漢文です。『漁父之辞』とは年寄りの漁師の言葉という意味なのですね。
屈原という人はかなり昔の中国の政治家で、正しいことをしようとして認められず、絶望して自殺したとか、だそうです。
「屈原」で検索するといろいろ出てきます。「ちまき」の話はもれなく。


さて、母の退院がやっと決まりました。今週中に退院します。結局、介護サービスなどは利用せず、まんま自宅に戻ってもとの生活をすることになりそうです。
その辺のことやら、屈原さんの話やらはまた今度。続きます。

posted by juppo at 03:24| Comment(8) | TrackBack(0) | 漢文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんないいサイトがあるなんて!!今日まで知らなくて損しました。
中2の娘は中1(最初)から学校の方針で高校古文・高校漢文を授業でされ、ちんぷんかんぷんで大変そうでした。8コマ漫画なんてあったら、きっと楽しく勉強することでしょう(完全に古典嫌いになってしまってるようです;;)。
これからも参考にさせていただきます。
リクエストにもし答えていただけるのであれば、徒然草の『奥山に猫またといふもの』をお願いします!!
Posted by ぴよママ at 2011年10月12日 22:01
すみません^^;さっきコメント書かせて貰ったものです。
徒然草のカテをみたら「猫又ちゃん」のページがありました;;
早速参考にさせていただきますね。
Posted by ぴよママ at 2011年10月12日 22:09
ぴよママ様

ようこそいらっしゃいませ(^-^)
コメントありがとうございました。

中1から古文漢文とは大変ですね!嫌いにもなってしまいますよね。

このブログがお役に立てるなら幸いです。
是非、楽しく勉強してください。

『猫また』の件、ご案内しようと思いましたが返コメが遅れてお手数をおかけしました。
他にも何かあればリクエストお寄せください。
Posted by 柴田 at 2011年10月12日 22:25
かぐや姫の昇天、20日くらいまでに追加して欲しいです。
24日からテストなので。
Posted by みほ at 2011年10月15日 20:32
今授業でやってるんですが全く分からなくて困ってましたがこれを読んですぐわかりました!!ありがとうございます!
Posted by ごまだんご at 2011年11月13日 22:58
ごまだんご様

お役に立てて何よりです。
これからも良かったら時々覗いてくださいね(^-^)
Posted by 柴田 at 2011年11月14日 00:05
すごい・・・!
漫画とてもわかりやすかったです!!
Posted by at 2014年12月04日 05:48
コメントありがとうございます。
お役に立てましたか?
Posted by 柴田 at 2014年12月04日 13:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック