2014年04月17日

臥薪嘗胆A

お待たせしました。続きです。
〈本文〉
太宰伯嚭受越賂、説夫差赦越。勾践反国、懸胆於坐、臥即仰胆、嘗之曰、

「女、忘会稽之恥邪。」

挙国政属大夫種、而与范蠡治兵、事謀呉。
太宰嚭、譖

「子胥恥謀不用怨望。」

夫差乃賜子胥属鏤之剣。子胥告其家人曰、

「必樹吾墓檟。檟可材也。抉吾目、懸東門。以観越兵之滅呉。」

乃自剄。夫差取其尸、盛以鴟夷、投之江。
〈書き下し文〉
太宰(たいさい)伯嚭(はくひ) 越の賂(まひな)ひを受け、夫差に説きて越を赦(ゆる)さしむ。勾践国に反(かえ)り、胆(きも)を坐臥(ざが)に懸け、即ち胆を仰ぎ之を嘗(な)めて曰(い)はく、

「女(なんじ)、会稽の恥を忘れたるか。」と。

国政を挙げて大夫(たいふ)種(しよう)に属(しよく)し、而(しか)して范蠡(はんれい)と与(とも)に兵を治め、呉を謀(はか)るを事とす。

太宰嚭、子胥謀(はかりごと)の用ゐられざるを恥ぢて怨望(えんぼう)すと譖(しん)す。夫差乃ち子胥に属鏤(しょくる)の剣を賜ふ。

子胥其の家人に告げて曰はく、

「必ず吾が墓に檟(ひさぎ)を樹ゑよ。檟は材とすべきなり。吾が目を抉(えぐ)りて、東門に懸けよ。以つて越兵の呉を滅ぼすを観んと。」

乃ち自剄(じけい)す。夫差其の尸(し)を取り、盛るに鴟夷(しい)を以つてし、之を江に投ず。
gashinshotan2.jpeg
〈juppo〉もう本当に難しい漢字だらけで、見ているだけで嫌になりますね。それも恐らく一生使うことはない漢字ばかりですから、私が高校生だったら「こんなものを勉強しても何の役にも立たない」と思ってたでしょうね。
 実際そんな高校生だったので、漢文なんてマジメに勉強した記憶がありません。今になって苦労するとは。やっぱり漢文も勉強しておけば良かったです。人生なんてそんなもんです。

 ところで、このお話を漫画にするのに私は教科書を見ていないので、『十八史略』からの抜粋をサイトから拾って来て描いているのですが、教科書の出典も同じなのでしょうか。『史記』にも同じ場面を扱った内容があることを今日知って、そちらは内容が多少異なるようなのです。Wikipediaによれば、日本では『十八史略』の方がお馴染みらしいので、このまま進めますが。はい、もう少し進みます。

 胆はここでは「きも」と読み、肝と同じです。辞書を引くと「内臓の主要部分。特に肝臓。」と出て来ます。動物の肝臓を生で嘗めている、ってことでしょうか。苦いかどうかというより、気持ち悪いですね。

 伯嚭という人はそもそも子胥をよく思っていなかったようで、その伯嚭の計略によって子胥は夫差の信頼を失ったばかりか、夫差から剣を賜ってしまう、ということは、この剣で死ね、ってことなんだそうです。何の釈明もせずに「はい、そうですか」みたいに死んでしまった子胥です。無念ですね。呉はそれまで子胥が仕えていた国なんですけど、滅びてしまえ、と思いつつ亡くなった訳です。

 檟(ひさぎ)は日本では楸と書くようですが、本文と同じ字を漫画にも使っています。何しろ木の名前のようです。その木で柩(ひつぎ)を作るようです。順番が逆なのでは、という気もします。

 もう1回だけ、続きます。ゴールデンウィークに突入しそうです。
posted by juppo at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック