2014年08月01日

姨捨(をばすて)@

ご無沙汰です!8月になってしまいました。リクエストにお応えします。新カテゴリです。『大和物語』から「姨捨(をばすて)」です!
〈本文〉
 信濃の国に更級といふところに、男すみけり。わかき時に親死にければ、をばなむ親のごとくに、若くよりあひそひてあるに、この妻の心いと心憂きことおほくて、この姑の、老いかゞまりてゐたるをつねににくみつゝ、男にもこのをばのみ心さがなく悪しきことをいひきかせければ、昔のごとくにもあらず、疎(おろか)なること多く、このをばのためになりゆきけり。このをばいといたう老いて、二重にてゐたり。これをなをこの嫁ところせがりて、今まで死なぬこととおもひて、よからぬことをいひつゝ、「もていまして、深き山にすてたうびてよ」とのみせめければ、せめられわびて、さしてむとおもひなりぬ。月のいと明き夜「嫗(おうな)ども、いざたまへ。
obasute1.jpeg
〈juppo〉7月は31日もあると思っていたのに、もう終わってしまったとは残念です。
 今年の夏は結構ヒマなので、せいぜいブログを更新していこう!と思ってたんですけど、その決意の前に立ちはだかったのがこの暑さです。まぁ言い訳はいいとして。

 タイトルの「姨捨」は「をばすて」と読むようですが、このお話は「うばすて山」と呼ぶのがスタンダードですよね。
 たまたま今日、日本人男性の平均寿命がついに80歳超え!というニュースを耳にしました。超高齢化の現代日本では、いらない年寄りを捨てにいこうと思ったら人口激減に直結しかねないので、いや、そもそも年寄りの方が元気だったりするのでいらない年寄りなんていないんですけど、老老介護とか孤独死とかお年寄り関連の問題はいつの時代にもあることで、だからこそ廃れないんですねー、このお話は。

 今回改めて調べてみたら、『大和物語』って平安時代前期の作品なんですよ。1000年以上前から、高齢者問題はあったのですね。

 古い物語だからか、分かりやすいお話にしては読みにくい文章ですよね。腰が曲がっている様子を「二重にてゐたり」なんて表現は面白いですけど。折りたたみ式携帯を想像してしまいました。

 男の妻がたいそう悪役です。妻は若かった頃のおばを知らないから余計嫌うんでしょうか。
 とにかく、おばあちゃんが可哀想で可哀想で、作画のスピードも落ちた事は否めません。・・なんて言い訳はいいとして。
 次回に続きます。男は本当におばを山に捨てて来るのか!?乞うご期待、です。
 皆さん、熱中症には気をつけてお過ごしくださいね。私は既になっています。軽く。
posted by juppo at 00:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 大和物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。
アンカーと申します。
先日、平家物語の漫画をお借りして授業で使わせていただきました。
大変好評で、わかりやすいという声を多数頂きました。
そこで、一点お願いがございます。
この姨捨山の漫画もぜひ使わせていただきたいのですが、いかがでしょうか。
Posted by アンカー at 2018年08月01日 11:48
アンカーさま

コメントありがとうございます。
ブログの漫画が多少でもお役に立てたようで、何よりです。
はい、もちろん他の作品もお使いいただいて大丈夫ですよ!
生徒さんたちにもよろしくご紹介ください。
Posted by 柴田 at 2018年08月01日 14:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック