2014年09月05日

完璧帰趙@

9月になりました。もう9月なんですね。リクエストにお応えします。漢文です。『史記』です。
〈本文〉
於是、王召見、問藺相如曰、
「秦王、以十五城請易寡人之璧。可予不。」
相如曰、
「秦彊而趙弱。不可不許。」
王曰、
「取吾璧、不予我城、奈何。」
相如曰、
「秦以城求璧、而趙不許、曲在趙。趙予璧、而秦不予趙城、曲在秦。均之二策、寧許以負秦曲。」
王曰、
「誰可使者。」
相如曰、
「王必無人、臣願奉璧往使。城入趙而璧留秦。城不入、臣請完璧帰趙。」
〈書き下し文〉
是(ここ)に於いて、王召見し、藺相如(りんしやうじよ)に問ひて曰はく、
「秦王、十五城を以て寡人の璧(へき)に易(か)へんことを請ふ。予(あた)ふべきや不(いな)や。」と。
相如曰はく、
「秦は彊(つよ)くして趙は弱し。許さざるべからず。」と。
王曰はく、
「吾が璧を取りて、我に城を不へずんば、奈何(いかん)せん。」と。
相如曰はく、
「秦城を以て璧を求むるに、趙許さずんば、曲は趙に在り。趙璧を予ふるに、秦趙に城を予へずんば、曲は秦に在り。之(こ)の二策を均(はか)るに、寧(むし)ろ許して以て秦に曲を負はしめん。」と。
王曰はく、
「誰(たれ)か使ひすべき者ぞ。」と。
相如曰はく、
「王必ず人無くんば、臣願はくは璧を奉じて往(ゆ)きて使ひせん。城趙に入らば璧は秦に留めん。城入らずんば、臣請ふ璧を完うして趙に帰らん。」と。
kanpeki1.jpeg
〈juppo〉「完璧」を「完壁」と間違えて書いているのをよく見ますね。かつて私も間違えた学生のひとりでした。「ぺき」は壁じゃなくて璧なんですね。下の部分が、土じゃなくて玉なんです。
「璧」を画像検索すると、丸くてキレイなものがいろいろ出て来ます。
 元になったお話も、カベの話じゃなくて何やら丸くて大事なものの話です。その丸い璧とかいうものが、どれほど貴重なものなのか分かりませんが、城15個と交換してもらえるほどの価値があるようですから破格です。

 このお話は、以前書いた『刎頸之交(ふんけいのまじわり)』の前の部分に当たるお話です。今回、藺相如が趙王のためにひと働きしますが、その働きによって相如の位が上がるところから『刎頸之交』は始まるんでした。
 さらにこの「完璧帰趙」のもっと前に、「和氏璧(くわしのへき)」というお話があって、趙の王はその時、楚で和氏の璧というのをもらったらしいのです。その話もいつか、機会があれば描くかもしれません。
 今回このお話を描くに当たって、藺相如その他の登場人物はどんな風に描いたっけ、と以前描いた「刎頸之交」の原稿を引っ張り出して見直し、ついでに他の作品の原稿も広げて読みふけってしまうという、自画自賛の夜を過ごしたりしていました。面白いですね。時間が経ってまとめて読むと自分で描いたものが。

 本文はこちらのサイトを参考にしました。
http://kanbunjuku.com/archives/405

 調べるうちに、『十八史略』に『完璧而帰』というタイトルがあり、もっと短くまとまった内容の同じ話を見つけましたが、リクエストいただいたのが『史記』の『完璧帰趙』でしたので、ごらんの内容でお届けすることにしました。長いので、3回くらいで描きます。

 相如の台詞で「曲は趙に在り」というのがありますが、この「曲」は中国語では「道理に反した、誤った」という意味があるんですね。

 漢文はもともとは中国語で書かれたものな訳ですから、これをそのまま読めるようになると、中国語もマスター出来る!ってことでしょうか。
ちなみに「完璧帰趙」を中国語読みすると「ワンビーグイチョウ」となるそうです。

posted by juppo at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック