2015年01月11日

完璧帰趙E

皆さん、あけましておめでとうございます。新年のご挨拶が今頃になってしまいました。足掛け2年かかった『完璧帰趙』もやっと、今回で終了でーす!
〈本文〉
今以秦之彊而先割十五都予趙、趙豈敢留璧而得罪於大王乎。
臣知欺大王之罪当誅。臣請就湯鑊。
唯大王与群臣孰計議之。」
秦王与群臣相視而嘻。 左右或欲引相如去。
秦王因曰、「今殺相如、終不能得璧也。而絶秦・趙驩。不如因而厚遇之使帰趙。 趙王豈以一璧之故欺秦邪。」
卒廷見相如、畢礼而帰之。 相如既帰、趙王以為賢大夫使不辱於諸侯、拝相如為上大夫。
秦亦不以城予趙、趙亦終不予秦璧。
〈書き下し文〉
今秦の強きをもって先に十五都(と)を割(さ)き趙にあたえば、趙あに敢えて璧をとどめ て罪を大王に得んや。
臣大王を欺くの罪誅(ちゅう)に当たるを知る。 臣請(こ)ふ湯鑊(とうくわく)に就かん。
ただ大王群臣とつらつらこれをはかり議せよ。」と。
秦王群臣と相みておどろく。 左右あるいは相如を引きて去らんと欲す。
秦王よりていはく、「今相如を殺すとも、つひに璧を得(う)るあたはざるなり。 しこうして秦・趙の驩(くわん)を絶たん。 よりて厚くこれを遇(ぐう)して趙に帰らしむるにしかず。 趙王あに一璧のゆえをもって秦を欺かんや。」と。
つひに廷(てい)に相如を見、礼をおはりてこれをかえす。 相如すでにして帰り、趙王もって賢大夫(けんだいふ)使ひして諸候に辱められずと なし、相如を拝して上大夫(じょうだいふ)となす。
秦もまた城をもって趙にあたへず、趙もまたつひに秦に璧をあたへず。
kanpeki6.jpeg
〈juppo〉長かった相如と秦王の駆け引きもやっと決着しましたね。結局両国とも得るものも失うものもなく、得をしたのは位が上がった相如だけだったという訳ですね。命をかけた交渉の末の昇進ですからねー。

 始めたときはまさか6回も続くことになるとは思わず、そもそもどんないきさつで相如は秦に来たのやら自分で描いて忘れそうにすらなっています。そうこうしている間に年が改まってしまい、もう明日、いや今日から初場所開幕じゃないですか。

 とにかく無事に終わって良かったです。趙王くらいホッとしています。

 今更ですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。今年はもっと更新頻度が上がるといいな、と今年も思っています。

 ところで年末に、多摩動物公園に行ってきました。
 コアラのベストショットをどうぞ。IMG_0861.JPG
posted by juppo at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック