2015年09月21日

借虎威(とらのいをかる)

なんと、ほぼ3ヶ月ぶりの更新です。新記録です。リクエストにお応えします。漢文です。
〈本文〉
荊宣王問群臣日、「吾聞北方之畏昭奚恤也。果誠如何。」
群臣莫對。江乙對日、「虎求百獣而食之。
得狐、狐日、『子無敢食我也。天帝使我長百獣。
今、子食我是逆天帝命也。
子以我為不信、吾為子先行。子随我後観。
百獣之見我而敢不走乎。』虎以為然。故遂与之行。
獣見之皆走。虎不知獣畏己而走也。以為畏狐也。
今、王之地、方五千里、帶甲百萬、而専屬之昭奚恤。故北方之畏奚恤也、其實畏王之甲兵也、猶百獣之畏虎也。」
〈書き下し文〉
荊(けい)の宣王(せんおう)、群臣(ぐんしん)に問いて曰(い)はく、「吾(われ)、北方の昭奚恤(しょうけいじゅつ)を畏(おそ)るるを聞く。果たして誠に如何(いかん)」と。
群臣對(こた)うる莫(な)し。江乙(こういつ)對えて曰はく、「虎(とら)、百獣(ひゃくじゅう)を求めて之(これ)を食らふ。
狐(きつね)を得るに、狐曰はく、『子(し)敢(あ)へて我を食らふなかれ。天帝(てんてい)我をして百獣に長(ちょう)たらしむ。今、子我を食らはばこれ天帝の命(めい)に逆(さか)らふなり。子我を以(も)って信ならずと為(な)さば、吾子の為に先行(せんこう)せん。子我が後(うしろ)に随(したが)ひて観よ。百獣の我を見て敢へて走らざらんや。』と。
虎以って然(しか)りと為す。故(ゆゑ)に遂(つい)に之と行く。獣(じゅう)之を見て、皆走る。虎獣の己(おのれ)を畏れて走るを知らざるなり。以って狐を畏ると為すなり。
今、王の地、方(ほう)五千里、帶甲(たいこう)百万ありて、専(もっぱ)らこれを昭奚恤に屬(しょく)す。故に北方の奚恤を畏るるは、その實(じつ)、王の甲兵(こうへい)を畏るること猶(なお)百獣の虎を畏るるがごときなり。」と。
toranoi.jpeg
〈juppo〉このお話が高校の教科書に載っているのを3年前に見ました。私の記憶が確かならば、教科書に載ってたのは虎と狐の部分だけで、荊の宣王だとか昭奚恤だとかは登場してませんでした。

 「漁父の利」でもそうでしたが、故事成語というのは誰かが誰かに説いて聞かせた話がもとになっていたりして、そういうのを集めた『戦国策』という書が今回の出典です。

 荊は楚の国のことのようです。昭奚恤はその国の宰相だそうです。
教科書にこの人たちのことが載ってなければ、あまり気にせず虎と狐にだけご注目ください。

 偉い人、強い人の威光を利用して、大したことないのに自分が偉い!みたいな気になってるちょっとハズした人を指して言う言葉ですね、「虎の威を借る」って。
 「虎の衣を狩る」と、毛皮目的で虎を狩ることだと思ってる人はいないでしょうか。いませんね。

 とにかく、久しぶりの更新が可愛い動物の話だったので楽しんで描きました。狐はここではずる賢いキャラなので、あんまり可愛くても何ですけど。


 さて、更新をサボっていた今年の夏も暑かったですね〜。この2ヶ月あまりの間に、それが更新の妨げになっていたほどではないですが、いろいろありました。
 
 まず、30年近く放置していた親不知を抜きました。紹介状を手に口腔外科に行って、生まれて初めてカラダにメスが入るという体験をしました。
 親不知の抜歯はとにかく血が止まらない、という話を多々聞かされていましたが、思ったほど出血もせず腫れもせず、その日のうちから普通に食事も出来たし翌日はいつも通り仕事に行きました。

 それから1ヶ月ほど経って暑さがじわじわ強まった頃、これまた生まれて初めて、私はサーカスを見に行きました。この話をすると、結構皆さんサーカスって見に行ったことがあるんですね。私は今まで機会がなかったので、素直に感動して帰って来ました。クマや犬や猫まで、虐待と思う人もいるかもしれませんけど訓練されてミスのない演技をするのは凄いですね。

 そして8月の末に、旅行に行きました。能登〜金沢に。北陸新幹線で行ったのではなく、東京から運転して行ったんですよ。こんな長距離運転したのも初めてのことでした。

 そういう訳で、思いがけず今年は初体験ずくめの夏を過ごしておりました。涼しくなったので、これからは少しまじめにブログにも向き合いたいと思っています。
よろしくお願いいたします。
posted by juppo at 02:15| Comment(8) | TrackBack(0) | 漢文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さっそく作って頂き、本当にありがとうございます!
たしかに、私の学校が扱っている教科書では、
虎と狐の部分だけです。

この資料を活用させていただき、
生徒達に話のもとも教えたいと思います!


いろいろな初体験!!
なかなかアクティブでしたね〜♪

今後もよろしくお願いします!!
Posted by 新米講師 at 2015年09月25日 10:42
有名な言葉ですが、初めて元を知りました。
面白かったです!
Posted by at 2015年09月25日 22:51
いつも活用させて頂いてます。
借虎威も、生徒の復習に使わせて頂きました。

またリクエストで大変厚かましいのですが、
「塞翁馬」をお願い出来ないでしょうか…?
単純なようでいて、
話が二転三転する感じが生徒には分かりにくいらしく、
いつも混乱する生徒がいます…。

それでは、またお邪魔させて頂きます。
Posted by ユウカ at 2015年10月19日 23:27
ユウカ先生、

リクエストありがとうございます。
塞翁馬ですね。検討します!
Posted by 柴田 at 2015年10月20日 14:35
こんにちは!
肝試しが前回の試験範囲だったので拝見させていただきました!
とてもわかりやすいのに本文とちゃんと合っていてすごく助かりました!!
そこで、リクエストなのですが……
源氏物語の「明石の姫君の入内」が次の試験範囲なのでお願いします!!
絵がとてもかわいくて好きです( ˊᵕˋ )♡
よろしくおねがいします!!
Posted by 高3女子 at 2015年10月26日 18:17
高3女子さま
リクエストありがとうございます。
テスト対策に間に合うかどうかわかりませんが、なるべく早くお応えできれば…と思います。
よろしくお願いします。
Posted by 柴田 at 2015年10月27日 21:08
はじめまして!
コメント失礼いたします。
高等学校で国語の教員をしている者です。
授業で扱うためによくこちらのサイトを利用させていただいております!
かわいらしいイラストでとても分かりやすいです^^
ありがとうございます。
もしよろしければ漢文の「先従隗始(まずかいよりはじめよ)」をリクエストすることはできますでしょうか??
Posted by まるお at 2016年09月13日 15:43
まるお先生、

コメント、リクエストをありがとうございます。
「先従隗始」、いつとお約束できませんが、承りました!
気を長くしてお待ちください。
Posted by 柴田 at 2016年09月14日 09:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック