2016年10月18日

先従隗始(先づ隗より始めよ)@

せっかく本が出るというのに、作品の更新が滞ったままでは、と、ちょっとやる気出します。リクエストにお応えしています。漢文です。
〈白文〉
燕人立太子平為君。是為昭王。弔死問生、卑辞厚幣、以招賢者。問郭隗曰、
「斉因孤之国乱、而襲破燕。孤極知燕小不足以報。誠得賢士与共国以雪先王之恥、孤之願也。先生視可者。得身事之。」
隗曰、「古之君有以千金使涓人求千里馬者。

〈書き下し文〉
燕人(えんひと)、太子平(たいしへい)を立てて君(きみ)と為(な)す。是(こ)れを昭王(せうわう)と為す。
死を弔(とむら)ひ生(せい)を問ひ、辞を卑(ひく)くし幣(へい)を厚くして、以(もつ)て賢者(けんじゃ)を招く。郭隗(くわくくわい)に問ひて曰(い)はく、
「斉(せい)孤(こ)の乱るるに因(よ)りて、襲(おそ)ひて燕を破る。孤極(きは)めて燕の小(せう)にして以て報(ほう)ずるに足らざるを知る。
誠に賢士(けんし)を得て与(とも)に国を共にし、以て先王の恥(はぢ)を雪(すす)がんことは、孤の願ひなり。先生可(か)なる者を視(しめ)せ。身(み)之(これ)に事(つか)ふることを得ん」と。
隗曰はく、
「古(いにしへ)の君に、千金(せんきん)を以て涓人(けんじん)をして千里の馬を求めしむる者有り。
kai1.jpg
〈juppo〉8コマで収まるかと思って描き始めましたが途中から字だらけになってしまったので2回に分けることにしました。後半を何コマで描くか、まだ検討中であります。
 
「まず隗より始めよ」の隗というのは人の名前だったんですね。燕は国の名前です。紀元前の中国にあった国です。昭王はそこの王様です。
 ところで昭王と言えば、前にもこのブログで描いたことがあった気がするな〜、と検索したら「鶏鳴狗盗」に出てきてました。しかしながら、その時描いた昭王は秦の王様です。どうやら昭王は何人もいるようです。秦の昭王のことは昭襄王(しょうじょうおう)と呼んだりするようです。

 国を強くするために賢者を呼んで政治を手伝ってもらおう、とお考えの昭王です。しかし相談する相手を「先生」と呼んでいますし、タイトルが「隗より始めよ」ですから、後半の内容は読めたも同然かと思いますが、そこまでのくだりを楽しんでいただければ幸いです。「なるほど」と思える故事を隗先生が紹介されますので続きをお待ちください。
 
 その隗先生が、昔の王様が家来に「千金で千里の馬を買って来い」と命令を下したと話し始めたところで今回は続く、です。
 千金は一体いくらくらいなのか不明ですが、かなりの大金、というほどの意味のようです。千里の馬も同じことで、実際に千里走るという意味ではないと思うんですけど、当時中国では1里=540mだったそうなので、千里=540kmで、そのくらいならあるかなぁ?という微妙な距離になっております。でも、あくまでもここでは「良い馬」という意味ですよね。

 いよいよ本の発売を3日後に控え、否が応にも気分は高揚しております。その気分を維持しつつ、今週末はちょこっと台北に行ってきまーす。
 後編は帰国後に!!
 

posted by juppo at 00:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 漢文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰です。
わたしも台湾へ行きたいわん(^^;;

ご出版おめでとうございます\(^ω^)/
Posted by TK at 2016年10月28日 08:09
TKさま

ありがとうございます(o^^o)
これからも頑張りますのでよろしくです!
台湾良かったですよ〜
Posted by 柴田 at 2016年10月28日 10:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック