2017年10月11日

五月ばかり、月もなうA

涼しくなってきました。途端に肌がカサついています。要保湿。続きです。
〈本文〉
 頭の弁はとまりたまへり。「あやしくても往ぬる者どもかな。御前(ごぜん)の竹を折りて、歌よまむとてしつるを、『同じくは、職(しき)に参りて、女房など呼びいできこえて。』と、持て来つるに、呉竹の名をいととく言はれて往ぬるこそいとほしけれ。たが教へを聞きて、人のなべて知るべうもあらぬことをば言ふぞ。」などのたまへば、「竹の名とも知らぬものを。なめしとやおぼしつらむ。」と言へば、「まことに、そは知らじを。」などのたまふ。
satsuki2.jpeg
〈juppo〉いや〜、まさか「シンツヨ Be on Right!」がTVで披露される日が来るとは思いませんでしたねー。夢のようです。
 それはさておき、「五月ばかり、月もなう」は全部で4回描く予定です。涼しくなってきたので、作業が早まるといいですね(他人事)。

 清少納言さんの優秀すぎる一言に意表を突かれて退散した殿上人の中に、一人残った人がいました。頭の弁と言うのは藤原行成という人のようです。知識人で有名な人だったんですって。
 「職」は中宮さまに関する事務をつかさどる役所のことだそうです。

 後半、行成殿と清少納言さんがお互いに「よく知ってましたね」「知りませんでした」「知らないでしょうね」とかなんとかやりとりしてますが、 清少納言さんが、そんなこと知らなかったと言うのは謙遜で、行成殿はその謙遜を分かっていて敢えて「そうでしょうとも」みたいに言ってるようです。
 残る2回も、このような清少納言さん上げが続くのでしょうか。乞うご期待です。


 ところで、今年の夏バテについて前回書きましたが、相変わらず気温の変化に翻弄される日々で、どうやらこれは更年期も影響している模様です。そんな加減でぐだぐだしているのだ、と言っていたら友人から「なんでも更年期のせいにするようになって」と言われてしまいました。言われてしまいながら「その手があったか」な方向に考え、今後は何が出来なくても、とりあえず更年期のせいにしていこうかなぁ!という魂胆です。

 それで、前回「来月出ます」と言っていたブログ本第二弾はどうなっているのかというと、もう今月になりましたね。それ以上のことはよく分からない著者です。多分、出ます。
posted by juppo at 04:44| Comment(2) | 枕草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
行成氏は能筆家としても名高いですよね。
いまだにフォントとして名前が残ってるのがすごいです。
Posted by at 2017年10月18日 18:09
コメントありがとうございます。
そんな名高い方をサラッとこんな漫画に描いちゃってることに、時々ふと緊張を覚えます。でも、このテイストを楽しんでいただければ幸いと思ってやっております。
Posted by 柴田 at 2017年11月02日 17:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: