2017年12月31日

宮にはじめてまゐりたるころB

年の瀬です。言うまでもなく、今年最後の更新です。
〈本文〉
昼つ方、「今日はなほまゐれ。雪に曇りて顕(あら)はにもあるまじ。」など、たびたび召せば、この局(つぼね)の主(あるじ)も、「見苦し。さのみやは籠(こも)りたらむとする。あへなきまで御前許されたるは、さおぼしめすやうこそあらめ。思ふに違(たが)ふはにくきものぞ。」と、ただいそがしに出だし立つれば、我(あれ)にもあらぬ心地すれど、まゐるぞいと苦しき。火焼屋(ひたきや)の上に降り積みたるも、めづらしうをかし。御前近くは、例の炭櫃(すびつ)に火こちたくおこして、それにはわざと人もゐず。上臈(じやうらふ)御まかなひに候ひたまひけるままに、近うゐたまへり。沈(ぢん)の御火桶(ひおけ)の梨絵したるにおはします。次の間に、長炭櫃(ながすびつ)に、隙(ひま)なくゐたる人々、唐衣(からぎぬ)こき垂れたるほどなど、馴(な)れ安らかなるを見るもいとうらやまし。御文(ふみ)取り次ぎ、立ちゐ、行き違ふさまなどの、つつましげならず、物言ひゑ笑ふ。
hajimete3 1.jpeg
〈juppo〉2017年も終わりですね。皆さんも一年の終わりにはその年を振り返ってみたりすることと思いますが、どんな一年でしたか。
私の一年は、夏バテしていたにしては全体的に健康で過ごせた一年でした。おかげさまで、当ブログが2冊目の書籍になった年でもありました。

 この「宮にはじめてまゐりたるころ」のBとCは、実はその書籍用に描き下ろしたものです。描いたのは夏バテしてたころですが、出版を待ってブログの方でも発表することにしました。

 @Aを描いたのがずいぶん前なので、どんな話だったかなぁ、という感じですよね。
宮仕えに慣れてない清少納言さんが、中宮さまのいとやんごとないきらびやかさにビビりまくり、な話でした。続きもそんな話です。
 自分の姿を見られるのが恥ずかしいほどなので、夜だけお勤めに上がりたいのに、中宮さま直々に昼から来いとのリクエストを寄せて来られて、シブシブ昼から出勤する今回の清少納言さんです。
 苦しいほど気後れして出かけているのに、火焼屋に積もった雪を「めづらしうをかし」としみじみ見る余裕があるんですね。さすがですね。

 前述の通りCまで描きおろしたので、続きも間をおかずお届けできると思います。来年までお待ちいただきますが。


 昨年出版した1冊目の方も、先ごろ重版になったそうです。「‥そうです」とヒトゴトなコメントでスミマセン。売れてるのかどうか、実際私には手応えとか実感とかないんです。でもお金を出して買ってくださった皆さんのおかげで重版に至ったのですから、手応えはなくても感謝しておりますよ。本当にありがとうございます。なんだか申し訳ないくらいに思っています。
 こんな私ですが、来年もブログ第一で頑張ります。

 皆さんにとって来る年が、嬉しい一年になりますように。
posted by juppo at 22:07| Comment(0) | 枕草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: