2018年01月08日

宮にはじめてまゐりたるころC

皆さん、あけましておめでとうございます。続きです!
〈本文〉
「いつの世にか、さやうに交(ま)じらひならむ」と思ふさへぞつつましき。奥寄(あうよ)りて三、四人さしつどひて、絵など見るもあめり。
 しばしありて、さき高う追ふ声すれば、「殿まゐらせたまふなり」とて、散りたる物取りやりなどするに、以下で下りなむと思へど、さだにえふとも身じろかねば、いま少し奥に引き入りて、さすがにゆかしきなめり、御几帳のほころびよりはつかに見入れたり。
 大納言殿のまゐりたまへるなりけり。御直衣(なほし)、指貫(さしぬき)の紫の色、雪に映えていみじうをかし。柱元にゐたまひて、「昨日今日、物忌(ものいみ)にはべりつれど、雪のいたく降りはべりつれば、おぼつかなさになむ」と申したまふ。「『道もなし』と思ひつるにいかで」とぞ御いらへある。うち笑ひたまひて、「『あはれと』もや御覧ずるとて」などのたまふ御有様ども、これより何事かはまさらむ。物語にいみじう口にまかせて言ひたるに、違はざめりとおぼゆ。
 宮は、白き御衣(ぞ)どもに、紅(くれなゐ)の唐綾(からあや)をぞ上に奉(たてまつ)りたる。御髪(みぐし)のかからせたまへるなど、絵にかきたるをこそ、かかる事は見しに、現(うつつ)にはまだ知らぬを、夢の心地ぞする。
hajimete4 1.jpeg
〈juppo〉描き下ろし作品として、ここまでが「高校古文もっとこういう話」に掲載されています。でも、この段はここで終わりではないんです。中途半端なままで書籍に入れる意味があったのかなぁと、今ちょっと不安になっています。せっかくなので、このままここで続きを描こうか、いつものように「続きはまたいずれ!」にしてしまうか、迷っています。

 さて、ここで突然登場した「大納言殿」は伊周(これちか)のことで、伊周は「大鏡」に登場した帥殿(そちどの)のことでした。描きながら途中で気づきました。途中まで中宮様とラブラブなのかと思ってたら、兄妹でした。
 清少納言さんからしたら雲の上の存在の兄と妹の会話が、夢でも見ている心地な場面なんですね。
 伊周の直衣とか指貫とか、中宮様の着物とか、いちいち色まで説明されててカラーでお見せできないのが残念なんですけど、そもそもカラーで描いていないので、皆さんの豊かな想像力で総天然色化してお楽しみください。

 そんなわけで、次回はこの続きになるか他の作品にするか、未定です。何にしろ、なるべく近日中に、と思っています。
 こんな調子でのスタートですが、今年もよろしくお願いします。
posted by juppo at 01:39| Comment(0) | 枕草子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: