2018年08月15日

四面楚歌A

ご無沙汰しました!毎年、この時期はついご無沙汰してしまう、暑さに弱い私です。続きです。
〈本文〉
駿馬、名騅。 常騎之。
於是項王乃悲歌忼慨、自為詩曰、
「力抜山兮気蓋世  時不利兮騅不逝
騅不逝兮可奈何  虞兮虞兮奈若何」
歌数闋、美人和之。
項王泣数行下。 左右皆泣、莫能仰視。
〈書き下し文〉
駿馬(しゆんめ)あり、名は騅(すい)。常に之に騎(の)る。
是(ここ)に於(お)いて、項王乃(すなは)ち悲歌忼慨(かうがい)し、自ら詩を為(つく)りて曰はく、
「力は山を抜き気は世を蓋(おほ)ふ 時利あらず騅逝かず
騅逝かざる奈何(いかん)すべき 虞や虞や若(なんぢ)を奈何せん」と。
歌ふこと数闋(すうけつ)、美人之に和(わ)す。項王泣(なみだ)数行(すうぎょう)下る。左右皆泣き、能(よ)く仰ぎ視(み)るもの莫(な)し。
shimensoka2'.jpeg
〈juppo〉四面を敵に囲まれた、項王の窮状は前回お届けしたので、後半は心置きなく項王のリサイタルをお楽しみください。
 ・・・なんてふざけたことを書いても、内容はしみじみ哀しいです。最後のコマ、自分で言うのもナンですが兵たちがうるうる泣いてるの、なんか哀しいですよね。
 項王が歌っている詩の、三句と四句の終わりは反語になっています。今回に限らず、フキダシの外に敢えて「できないっ」とか否定的な言葉を書いてる時は、大抵反語だと思ってください。

 このお話はここで終了です。この後、項王の軍はどのようにして戦ったり進んだりして『項王の最期』までたどり着くのか、気になるところではありますが、特に調べたり描こうと思ったりしてません。残念ながら。いつかそんな機会があれば、てことで。

 そんなで8月も後半になりましたが、今年の夏も「暑い!」と言っているうちに終わってしまいそうです。
 何しろ今年の夏は忘れられない暑さでしたね。まだまだ暑いんですけど、一番暑かった日々に比べるとちょっと涼しく感じるのが異常です。
 ここ数年、もれなく熱中症になる私は今年もなってました。救急搬送されるほどではありませんでしたが、今年は新型の熱中症で、風邪みたいな症状になったんですよ。ただ「暑い」と思っていたらくしゃみ・鼻水が出始めて、秋の花粉症がもう?と思ったら喉にきて終いにはお腹にきました。涼しいところでひたすら寝てたら治ったので、やっぱり熱中症だったのだと思います。
 皆さんも気をつけてくださいね、と言いたいところですが、気のつけようもないのが昨今の熱中症ですよね。こんなことでは絶滅するな、と思いましたよ。
 人類が暑さで絶滅した後、ゴキブリとかああいうたくましそうな虫なんかが繁栄するんだろうな〜、てな話でピラティスの時間に盛り上がってました。
「生き残りたくないな〜、そういう世界に〜。」とはピラティスの先生談。「実験されたり、人間ホイホイに入れられちゃったりするんですよ〜。」だそうで。『ゴキの惑星』ですね。
 そんなことにならないためには、暑さにもっと強くなるべきなのか、気温上昇を食い止める努力をするべきなのか、考える頭脳も暑さで働かない夏です。
posted by juppo at 23:21| Comment(2) | 漢文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。現在高校で国語を教えている者です。
発刊されている本を2冊とも購入いたしました!ちょっと見たいときにすぐ見られるので嬉しいです。
いつもこちらの漫画を授業でも使わせていただいてます(^o^)
夏休み後にちょうど四面楚歌に入ろうと思っていたら漫画を描いてくださっているのを発見して「ナイスタイミング!」と思いました!ありがとうございます(^o^)
またお時間のあるときに、史記の「鴻門の会」を描いていただけると嬉しいです。(長いので大変かと思いますが…)
これからも頑張ってください!
Posted by まるお at 2018年08月28日 20:05
まるお先生、
コメントありがとうございます。本の購入まで!!恐縮です!
リクエストもありがとうございます。
「鴻門の会」、リストに加えておきます。いつお応えできるかはハッキリ申し上げられないですが・・。
相変わらずの運営状況なブログですが、これからもよろしくお願いします!
Posted by 柴田 at 2018年08月29日 00:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: