2018年09月16日

市振A

続きです。そんなにお待たせしませんでしたよね?
〈本文〉
あした旅立つに、我々に向かひて、「行方知らぬ旅路の憂さ、余りおぼつかなう悲しくはべれば、見え隠れにも御跡を慕ひはべらん。衣の上の御情けに大慈(だいじ)の恵みを垂れて結縁(けちえん)せさせたまへ。」と涙を落とす。
「ふびんのことにははべれども、我々は所々にてとどまるかた多し。ただ人の行くにまかせて行くべし。神明の加護必ずつつがなかるべし。」と言ひ捨てていでつつ、哀れさしばらくやまざりけらし。

 一つ家(や)に遊女も寝たり萩(はぎ)と月

曽良(そら)に語れば書きとどめはべる。
ichiburi2.jpeg
〈juppo〉昨夜、隣の部屋の遊女たちの話し声を聞きながら寝た、そのあくる朝です。
その遊女たちが「新潟という所の遊女だった」ということがわかっていたので、今回、遊女たちのセリフは現代語に訳してからさらに新潟弁に翻訳してみました。と言っても、私は新潟弁ネイティブでないので、調べ調べ訳したもので、違和感があったらご指摘ください。

 同行してきた男は新潟に返してしまったようで、女二人で知らない道を行くのが心細いと芭蕉さんたちに「付いて行っていいか」とお願いしてるんですけど、ここでは彼女らは芭蕉さんたちのことをお坊さんだと思っています。芭蕉さんたちが黒っぽい着物を着ていたからだそうです。
 そう言われても、俳句を詠みつつあちこち寄り道するので一緒には行けない、と芭蕉さんはつれなく断っています。じゃあ一緒に行きましょう、てなことになったら『奥の細道』の物語が後半だいぶ変わったものになっていたかもしれません。
 つれなく断っておきながら、哀れな遊女たちに同情を禁じ得ない芭蕉さんのようです。

 萩と月の句は、遊女と自分とを対比させて詠んだなんて説もあるようです。

 芭蕉さんが遊女と別れ際「無事に」という意味で「つつがなかるべし」と言っている、「つつがなし」という語ですが、漢字では「恙無し」と書きます。「恙」はもともと病気や災難など忌まわしいことを意味する言葉で、そんなことなく平穏に暮らす様が「恙無し」なのですね。
 ところで、ツツガムシという虫がいて、これに刺されると死にそうに苦しむそうで、それが「つつがなし」の語源だという説もあるようですが、それは違うんですって。
 虫にに刺されたとは分からないまま苦しんでいて、ツツガムシという妖怪のしわざだろうと呼んでいたのが、やがて原因がこの虫だ、ということがわかってからその虫(ダニの一種)を「ツツガムシ」と名付けたのだそうです。すでに「恙」という語があったからなんですね。
 私の友達が昨年末にツツガムシに刺されて、お正月を丸々病院で過ごしたとか悲惨な体験を聞いたのでこの話を特に書いておこうと思いました。症例自体あまりにも珍しいので、刺されたところを写真に撮られたとか、研究材料になっちゃったそうです。怖いですね〜。皆さんもツツガムシ含めダニには要注意、でつつがない毎日をお過ごしください。
【関連する記事】
posted by juppo at 22:24| Comment(4) | 奥の細道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
以前伊勢物語の四コマを卒業論文のアンケートで使用させていただいたものです。
無事に卒業することができ、社会人になることができました。
今度は、先生として教壇に立っているのですが源氏物語の部分を授業で提示してあげたいなと思っております。
もしよろしければ使用許可をいただきたいです。
また、お返事お待ちしております。
Posted by sun at 2018年09月22日 09:09
sun先生、

コメントありがとうございます。
ご卒業、ご就職おめでとうございます!
多少でも論文のお役に立てたなら何よりです。
はい、源氏物語のイラストも授業でお使いいただいて構いません。
先生なりに自由に面白く使っていただけたらと思います。
よろしくお願いします!
Posted by 柴田 at 2018年09月22日 14:59
お久しぶりです!【家族のブログ】のぴかです!
コメントありがとうございます!(*^^*)ありがたいことに、私達は地震の影響はほとんど無かったです。ご心配おかけしました!
どこにお返事を書こうかと悩み、更新していないのにまた来てもらうのも...とこちらにコメントを書きました。
(自分の昔のブログを見ると、あまりの若さに目を覆いたくなります...笑)
柴田さんが私達のことを思い出して心配してくれたことが嬉しかったです!ありがとうございます!(*'▽'*)💓
Posted by ぴか at 2018年10月04日 00:10
ぴかちゃん!

コメントありがとうございます‼︎
地震でお困りでなくて本当に良かったです。
私もコメントのお返事をどちらにしようかな・・と考えたのち、とりあえずココで返信しておきます(^_^;)
すっかりご無沙汰してしまいました。なんだか懐かしいですね。
「家族のブログ」、更新がしばらくないようですけど、忘れていませんよ〜!
Posted by 柴田 at 2018年10月04日 01:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: