2019年01月07日

忠度の都落ちA

あけましておめでとうございます!続きです。
〈本文〉
 薩摩の守のたまひけるは、「年ごろ申し承つてのち、おろかならぬ御事に思ひまゐらせ候へども、この二、三年は、京都の騒ぎ、国々の乱れ、しかしながら当家の身の上のことに候ふ間、疎略(そりやく)を存ぜずといへども、常に参り寄ることも候はず。君すでに都をいでさせたまひぬ。一門の運命、はや尽き候ひぬ。撰集(せんじゆう)のあるべき由承り候ひしかば、生涯の面目に、一首なりとも御恩をかうぶらうと存じて候ひしに、やがて世の乱れいできて、その沙汰なく候ふ条、ただ一身の嘆きと存じ候。世静まり候ひなば、勅撰(ちよくせん)の御沙汰候はんずらん。これに候ふ巻き物のうちに、さりぬべきもの候はば、一首なりとも御恩をかうぶりて、草の蔭にてもうれしと存じ候はば、遠き御守りでこそ候はんずれ。」とて、日ごろよみおかれたる歌どもの中に、秀歌とおぼしきを百余首書き集められたる巻き物を、今はとてうつ立たれけるとき、これを取つて持たれたりしが、鎧(よろい)の引き合はせより取りいでて、俊成の卿に奉流。三位これをあけて見て、
tadanori2.jpeg
〈juppo〉今年もよろしくお願いします!皆さんどのように年末年始をお過ごしだったでしょうか。
 あっという間に2018年も終わりましたが、2019年も始まってしまうと既にあっという間に過ぎていく感じです。

 前回の内容について、言い訳をしようと思っていて忘れていたことがあります。2コマ目で忠度さん自ら門を押していましたが、4コマ目で「馬から下りて」とあるので、門を押したのは多分供の武者の誰かなんですよね。でも忠度さんにやってもらった方が分かりやすいかな〜、と思って押してもらいました。
 今回も忠度さんがほとんど一人で話すだけで、お供の人たちは全4回通してほとんど出てきません。

 それで、忠度さんが今回何を長々語っているのかというと、それこそが都に戻ってきた目的なんですけど、この方は歌道に熱心な人で、俊成さんは歌のお師匠さんだったんですね。俊成さんが「千載和歌集」の撰者だったとは前回言及しましたが、「撰集」てのがその「千載和歌集」のことです。忠度さんは和歌集が編まれるニュースを聞いて、自分の歌も入れて欲しいと思って、戻ってきたというわけでした。
 入れて欲しいのですが、世の乱れの大元である平家の出である自分の歌なんて・・という躊躇も葛藤もありつつの懇願の場面です。

 鎧の引き合わせというのは、鎧の前と後ろの面を脇できゅーっと引き結ぶところのことだそうで、そこから手を入れて鎧の中に入れていた巻き物を取り出したのですね。

 最初は4回とも6コマずつで描こうと思っていたのですが、それなら8コマで全3回にできるのでは、というのは置いといて、この回だけ情報量というかセリフが多くて8コマになってしまいました。

 後半は忠度さんの巻き物に納められた和歌の行く末です。続きは近いうちに。
posted by juppo at 00:32| Comment(0) | 平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: