2020年02月29日

明石の姫君の入内A

突然降って湧いた長すぎる春休み、皆様いかがお過ごしでしょうか。続きです。
〈本文〉
人の装束(さうぞく)何かのことも、やむごとなき御ありさまに劣るまじくいそぎたつ。尼君なん、なほこの御生(お)ひ先(さき)見たてまつらんの心深かりける、いま一(ひと)たび見たてまつる世もやと、命をさへ執念(しふね)くなして念じけるを、いかにしてかはと思ふも悲し。その夜は、上(うへ)添ひて参りたまふに、御輦車(てぐるま)にも、立ちくだりうち歩みなど人わるかるべきを、わがためは思ひ憚(はばか)らず、ただかく磨きたてたてまつりたまふ玉の瑕(きず)にて、わがかくながらふるを、かつはいみじう心苦しう思ふ。
akashijudai2.jpeg
〈juppo〉全6回のうち、今回のみ6コマでお届けします。

 紫の上は源氏の正妻ではないようですが、表向き入内する姫君の母なので、花嫁の付き添いとして最前列に立つのは当然なのだけれども、明石の君としては姫の産みの母として、自分も劣らず姫君のために何かしたい、しかしながらそれが入内の汚点になってしまったら、と悶々としていますね。
 「いそぎたつ」はここでは「準備を始める」という意味です。「輦車」は人の手で引く車です。「立ちくだり」はランクが一段落ちることで、紫の上は車で参内するのに自分は歩いてついていかなければならない立場なのを、自分はイイけど姫にとってはどうかな、とあれこれ悩んでいます。手放した我が子にまた会うために長生きすることを念じていたのに、こんなことになるとは生きながらえたことすら心苦しいと。ままならないものですね。

 学校が休みになっても、人の多く集まるところには行けない、そもそもテーマパーク等も閉鎖中。家にずっといろと言われても・・・と、皆さんも明石の君同様頭を抱えていることと思います。何より、卒業やクラス替えでお別れになる友たちとこんな形で解散になるなんて、なんでこんなことになっちゃったの?な事態ですよね。災難としか言いようがないですが、予想外に得た時間をどうぞ有効に使ってください。このブログを隅々まで読んでみる、とか。
 そして何か思い出に残る春にできたらいいですね。感染が収束して、皆が笑顔で迎える春が1日も早く訪れることを祈りつつ、次回に続きます。
posted by juppo at 21:25| Comment(0) | 源氏物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: