2020年07月21日

五十歩百歩A

続きです。
〈本文〉
塡然鼓之、兵刄既接。
棄甲曳兵而走。
或百歩而後止、或五十歩而後止。
以五十歩笑百歩、
則何如。曰、不可。直不百歩耳、是亦走也。
曰、王如知此、則無望民此多於鄰國也。
〈書き下し文〉
塡然(てんぜん)として之(これ)に鼓(こ)し、兵刄(へいじん)既(すで)に接(せつ)す。
甲(かふ)を棄(す)て兵を曳(ひ)いて走る。
或(あるひ)は百歩にして後(のち)止(とど)まり、或は五十歩にして後止まる。
五十歩を以て百歩を笑はば、
則(すなは)ち何如(いかん)、と。曰(いは)く、不可(ふか)なり。直(ただ)に百歩ならざるのみ、是(こ)れ亦(また)走るなり、と。
曰く、王(わう)如(も)し此(これ)を知らば、則ち民の鄰國(りんごく)より多(おほ)きを望むことなかれ。
gojippohyappo2.jpeg
〈juppo〉前回でも触れたように、よく知られているお話なんですけど、絵にするのに大分悩んだところがいくつか。兵隊は大勢いるのだと思うんですけど、とっさに逃げたのはその一部またはほんの一人二人なんじゃないかということと、五十歩百歩逃げた各々は敵同士なのか、味方同士なのか、ということです。あ、戦場で叩かれる太鼓の形もです。こんな盆踊りの太鼓みたいに叩いてるとは思えないんですけど、この方がわかりやすいかなと思って、これは敢えて。

 細かいところはいろいろ気になるのですけど、たとえ話ですからね。要するに「おまいう」、「お前が言うな」的な言動に対して使う言葉ですよね。「自分のことは棚に上げて」とか、「人のふり見て我がふり直せ」とか、「目〇〇鼻〇〇を笑う」とか、言い換えようはいくらでもありそうです。
 他人の行動を批判する時は、大小の違いはあっても似たようなことを自分もしていないかどうか、
考えてからした方がいいですね。批判だけするのは簡単なことですからね。

 ところで、ずいぶん前にテレビが壊れて新しいのを買った話をしましたが、壊れた方の古いテレビを、今日やっと処分しました。テレビを捨てるのもラクじゃない時代になっていたんですよ。購入した店に引き取ってもらうのでない限り、お金がかかるんですね。どこのお店で買ったのか保証書を探してどうしても見つからなかったので、郵便局で家電リサイクル券というものを入手して、今日取り扱い運送店に搬入してきました!今日までずっと、車の後部に同乗していたんです。車体が軽くなりました。

fullsizeoutput_bda.jpeg
こういうものが、郵便局にあります。
posted by juppo at 23:18| Comment(0) | 漢文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: