2021年01月16日

くらもちの皇子と蓬萊の玉の枝K

花粉症もじわじわ来ていますが、今年の冬は手荒れがヒドいです。続きです。このタイトルでの最終回です。
〈本文〉
血の流るるまで打(ちやう)ぜさせたまふ。禄(ろく)得(え)し甲斐(かひ)もなく、みな取り捨てさせたまひてければ、逃げうせにけり。
 かくて、この皇子は、「一生(いつしやう)の恥(はぢ)、これに過ぐるはあらじ。女(をんな)を得ずなりぬるのみにあらず、天下の人の、見思はむことのはづかしきこと」とのたまひて、ただ一所(ひとところ)、深き山へ入(い)りたまひぬ。宮司(みやづかさ)、さぶらふ人々、みな手を分(わか)ちて求めたてまつれども、御死(おほんし)にもやしたまひけむ、え見つけたてまつらずなりぬ。皇子の、御供(おほんとも)に隠したまはむとて、年(とし)ごろ見えたまはざりけるなりけり。これをなむ、「たまさかに」とはいひはじめける。
kuramochi12.jpeg
〈juppo〉度重なる手指の消毒に加えて今年の冬は、台所のレンジ周りをちびちび掃除していたら指先がひび割れて痛いです。
 
 前回、くらもちの皇子が工匠らを待ち伏せしていたところで〈つづく〉にしてしまったため、今回は唐突に「血の流るるまで」打たれる工匠たちからスタートします。皇子のあまりにひどい仕打ちにページを分けずにいられなかったのです。鬼畜の所業ですよね。自分の失敗を部下に当たり散らすブラック企業の上司の先祖ですね。当たり散らすだけならまだしも、身体を痛めつけた上にせっかくもらったご褒美を取り上げるのみならず捨ててしまうとは。
 その後、急に自らを恥じていますが、別にこれは工匠らに対する態度のことは一切恥じてはいないんですよね。「天下の人」がどう思うか、ということの中にその要素が入っているかもしれませんが、入ってない感じですよね。ひたすら名誉が毀損されたことへの絶望ではないかと。

 「竹取物語」は一つ一つのエピソードに「慣用句はじめて物語」みたいな薀蓄(うんちく)が付いているのが面白いですね。今回は、ここから「たまさかに」と言うようになったんだよ、と。
 「たまさかに」は「たまたま」と言う意味で今でも使うというか、最近使わなくなったけど昔は使ってたなぁ、と思ったのでそのままにしました。「コンビニに行ったらたまさか知り合いに会ってさー」なんていうふうに今でも使っていただければ。

 これにてくらもちの皇子のお話はおしまいです。次に何を描くかは未定です。何も思いつかなければ「竹取物語」を続けます。かぐや姫を狙う男はまだ残っていますので。
 
posted by juppo at 23:58| Comment(0) | 竹取物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: