2021年03月31日

阿倍(あべ)の右大臣と火鼠(ひねずみ)の皮衣(かわぎぬ)A

畳み掛けるように更新します。続きです。
〈本文〉
もし長者(ちやうじや)のあたりにとぶらひ求めむに。なきものならば、使(つかひ)にそへて金をば返したてまつらむ。
といへり。
 かの唐船(もろこしぶね)来けり。小野のふさもりまうで来て、まう上(のぼ)るといふことを聞きて、歩み疾(と)うする馬をもちて走らせ迎へさせたまふ時に、馬に乗りて、筑紫(つくし)より、ただ七日にまうで来たる。文を見るに、いはく、
 火鼠の皮衣、からうじて人をいだして求めて奉(たてまつ)る。今の世にも、この皮は、たやすくなき物なりけり。昔、かしこき天竺の聖(ひじり)、この国に持て渡りてはべりける、西の山寺にありと聞きおよびて、
abeno2'.jpeg
〈juppo〉桜が満開です。すっかり暖かいので季節を忘れそうですが、明日から4月なんですねえ。
 さて、今回は安倍御主人の友人(?)王けいからの、1通目と2通目の手紙とその間に帰って来た小野のふさもりについてです。

 ふさもりさんが帰ってくる前に、先の手紙が届いていたということですね。それによると皮衣を手に入れられるかどうかは未知数だったようです。その後ふさもりさんはすぐ帰ってくるので、時間の経過がよくわかりませんが、船が着いてから上京するまでは7日かかっていることが明かされています。唐土からの船は九州に着いて、大宰府から京まで陸路を帰ってくるんですって。当時はそれに14日かかっていたそうです。その半分で戻って来たので驚いていますが、馬に乗ってもそんなにかかるんですね〜。今だと、自転車に乗ってくる感じでしょうか。新幹線なら数時間ですけど。
 
 そして!どうやら!皮衣は見事手に入れられそうではないですか!おめでとう、安倍御主人!というところで以下次号です。まだまだ続きがあるので、すぐにハッピーエンドには、ならないです。
posted by juppo at 22:50| Comment(0) | 竹取物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: