2021年06月20日

桃花源記A

2021年上半期も、残すところあと10日になりました。だから何だということでもありません。続きです。
〈本文〉
初極狭、纔通人。復行數十歩、豁然開朗。土地平曠、屋舎儼然、有良田美池、桑竹之屬。阡陌交通、雞犬相聞。其中往來種作、男女衣著、悉如外人。黄髪垂髫、竝怡然自樂。見漁人乃大驚、問所從來。
〈書き下し文〉
初めは極(気は)めて狭(せま)く、纔(わづ)かに人を通ずるのみ。復(ま)た行くこと數(すう)十歩、豁然(くわつぜん)として開朗(かいらう)なり。土地は平曠(へいくわう)、屋舎(をくしや)は儼然(げんぜん)として、良田美池(りやうでんびち)、桑竹(さうちく)の屬(ぞく)あり。阡陌(せんばく)交(まじ)はり通じ、雞犬(けいけん)相(あ)ひ聞こゆ。其(そ)の中(うち)に往來(わうらい)して種作(しゆさく)するに、男女(だんぢよ)の衣著(いちやく)は、悉(ことごと)く外人(ぐわいじん)の如(ごと)し。黄髪垂髫(くわうはつすいてう)、竝(なら)びに怡然(いぜん)として自(みづか)ら樂(たの)しむ。漁人(ぎよじん)を見て乃(すなは)ち大(おほ)いに驚(おどろ)き、從(よ)りて來(き)たる所を問ふ。
momo2.jpeg
〈juppo〉穴があったら入りたくなるのが人情かもしれませんが、私はこういうのは苦手です。車に乗っていて長いトンネルをくぐるのも、出口があると常識で分かっているから耐えられますが、一抹の不安を抱きながら走ります。アクアラインの10キロトンネルなんて最悪です。海の水が落ちてこないとどうして断言できるのか。映画の見過ぎなんですけど、実際某映画ではそんなシーンがあるらしいですね。

 さて自然の理に従って穴に入った漁師の人、ぽっかりと別世界?に出ました。ここでは桃の花があるという記述がないので、もうカラーじゃありません。
 そこがどういう土地だったか、書いてある通りに絵にしたつもりですが、実際どういうところかは誰にもわからないので、皆さん自由に想像してくださいね。幸い、桑とか竹とかニワトリとか犬とか、現実にあるものが揃っているので「竹取物語」の蓬莱山よりは想像しやすいかと。

 男女の着物が外人のようだと言っていますが、この人のもともといた晋の国の外というくらいの意味です。多分西洋人なんて知らないでしょうから。

 「黄髪垂髫」はそのまま四字熟語になっていて、「老人と子ども」という意味なんですって。老人ならただの白髪で良いかと思いますが、黄ばんだ白髪を言うようで、念の入った表現ですね。

 そこにいた人たちは好意的なようです。危ない目には逢いそうにないので、安心して次回をお待ちください。
posted by juppo at 21:07| Comment(0) | 漢文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: