2024年01月15日

源氏物語ダイジェスト2 桐壺A

無事に2回目をお届けできて何よりです。
genjikiritsubo2.jpeg
〈juppo〉ダイジェストなので、2回目で早くも嫁をもらった光源氏です。葵上(あおいのうえ)です。この人のお兄さんが、この後光源氏の永遠のライバルとして登場する頭中将です。そして頭中将の奥さんの四の君は、桐壺帝の本妻・弘徽殿の女御の妹なんですね。
しかしながら光源氏は葵上と結ばれる前に、父親の新しい妻・藤壷更衣に心を奪われてしまったので、葵上は割とほったらかしです。葵上の方でも、娘盛りに4歳も年下の少年を押し付けられて(?)それほど愛は育っていません。今のところ。
 ムコ殿のために屋敷に手を入れ豪華にしつらえる左大臣の心遣いもむなしく、想いはまったく藤壷にしか向いていない主人公です。

「臣籍降下」とは、天皇の子供でも母親の身分が低い子などを臣下に降ろすことだそうです。これによってその子は皇族でありながら皇族でない、でも皇室の出だから身分は高い、というようなあくまでもやんごとない身分になるようです。微妙です。

 そんなところで「桐壺」はサクッと終了です。次回から「帚木」に入ります。今まとめている途中なんですけど、どこまでダイジェストにするか、気がつくとあれもこれも描いてしまいそうになるのを苦心して飛ばしています。どの程度大ざっぱな仕上がりになるか、どうぞお楽しみに。
posted by juppo at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 源氏物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック