2019年06月18日

虫愛づる姫君G

前々回のミスは修正しました。続きです。
〈本文〉
あやしき女どものすがたをつくりて、按察使(あぜち)の大納言の出(い)で給へるほどにおはして、姫君の住み給ふ方の北面(きたおもて)の立蔀(たてじとみ)のもとにて見給へば、男(を)のわらはの異なる事なき、草木どもにたたずみありきて、さて言ふやうは、「この木にすべていくらもありくは。いとをかしきものかな」と、「これ御覧ぜよ」とて、簾(すだれ)をひきあげて、「いとおもしろきかはむしこそ候へ」といへば、さかしき声にて、「いと興ある事かな。こち持てこ」とのたまへば、「取りわかつべくも侍らず。ただここもとにて御覧ぜよ」といへば、あららかに踏みて出づ。簾を押し張りて、枝を見はり給ふを見れば、頭へきぬ着あげて、髪もさがりばきよげにはあれど、けづりつくろはねばにや、しぶげに見ゆるを、眉いと黒く、はなばなとあざやかに、涼しげに見えたり。口つきも愛敬(あいぎやう)づきてきよげなれど、歯ぐろめつけねば、いと世(よ)づかず。
mushimedu8.jpeg
〈juppo〉今年に入ってLINEスタンプを作成していた間に、Macのお絵かきソフトを少し使いこなせるようになりました。おかげで前々回の原稿の修正もPC上で片付けられたんですけど、何度もやり直す必要が生じたりして、丸々描き直した方が早かったくらいでした。まだまだです。

 さて前回、中将と何やら相談することにした右馬の助でしたが、まさか女装する結論に達したとは。この人の行動にはいちいち意表を突かれますね。そしてこの時代、こうして隠れて女を覗き見するのがデフォだったんでしょうか。いつも誰か覗いてますよねぇ。
 女装という手段に走ったのには、前回作り物の蛇が相当巧みに作られていたのが一応伏線になっていて、女装もかなり巧みに装っているんだろう、ということらしいですよ。そんなことに才能を発揮しなくても・・という気もしないでもないです。
 
 姫の見た目については前にも説明があったので同じことのくり返しのようですが、右馬の助にとっては初めて見る姫の容姿なので改めて詳しく語られているんですね。男性の審美眼で見ているので、個人の感想的な説明になっています。
 「頭へきぬ着あげて」とあるので、着物を被ったような着方なんだと思いますけど、毛先が見えるほど髪が外に出ている状態でその着方に描くことができませんでした。ずっと着物を被っている姫を描き続けるのもどうかとも思ったり。
 「いと世づかず」には「色気がない」とする訳もありましたが、「世」と言っているので「世間並みでない」という意味の方を採用しました。

 次回も覗き続ける男たちにご期待ください。
posted by juppo at 03:56| Comment(0) | 堤中納言物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

虫愛づる姫君F

前回の漫画にミスがあることに気づきました。お詫びは後ほど。続きです。
〈本文〉
大殿(おとど)太刀(たち)をひきさげてもてはしりたり。よく見給へば、いみじうよく似せて作り給へりければ、手に取り持ちて、「いみじう物よくしけるひとかな」とて、「かしこがりほめ給ふと聞きてしたるなめり。かへりごとをして、はやくやり給ひてよ」とて、渡り給ひぬ。
 人々、つくりたると聞きて、「けしからぬわざしける人かな」と言ひにくみ、「かへりごとせずはおぼつかなかりなむ」とて、いとこはくすくやかなる紙に書き給ふ。かなはまだ書き給はざりければ、片かんなに、
 ちぎりあらば よき極楽にゆきあはむ
  まつはれにくし 虫のすがたは
「福地(ふくち)の園(その)に」とある。むまのすけ見給ひて、「いとめづらかに、さま異(こと)なる文(ふみ)かな」と思ひて、「いかで見てしがな」と思ひて、中将といひ合はせて、
mushimedu7.jpeg
〈juppo〉毎日よく雨が降りますが、そういえば梅雨入りしたんでしたね。梅雨にしては寒すぎて、季節がよくわからなくなりますね。
 
 蛇のおもちゃを仕掛けたアイツの名前が明らかになりました。「むまのすけ」とありますが、漫画にあるように「右馬の助」と書いて「うまのすけ」と読み、右馬寮の次官だそうです。右馬寮は「うめりょう」と読んだりもするようです。左馬寮もあって、馬寮というのがお役人や貴族の乗る馬を飼育したり管理したりする部署のことなんですね。
 うまのすけというと「マカロニほうれん荘」を思い出す私です。そのせいではないと思いますが、4コマ目の侍女たちの会話がなんだか「たまりませんわん!」になってしまっています。
 
 さて、ようやく名前もはっきりした右馬の助ですが、姫と手紙をやりとりして初めて「会いたいものだ」と思っているので、実はまだこの時点で姫に会っていません。すみません。お詫びはここです。前回、蛇入り袋を持ってきた人物がこの人だと思って描いていましたが、袋は届けられただけで本人持参ではなかったようです。近いうちに訂正原稿に差し替えたいので、お待ちください。訂正後にお読みになった方には何のことやら、な説明になっていると思います。

 父に促されて手紙の返事を書く姫、紙の選び方から字の書き方まで個性出まくりのようです。まず上等な薄い紙ではなく硬い紙に、平仮名で書くのが普通なのにカタカナで!という書き方なんですね。当時は平仮名を女文字と呼んで、年ごろの女性はそれで書くのが普通だったそうですが、何しろこの姫に「普通」は通用しないんでしたね。「普通だったら何よ」みたいに堂々とできるのはカッコいいですけどね。

 突然登場した「中将」は近衛府の次官か何かだそうで、要するに右馬の助の友人です。二人で相談するのは、もちろん姫へのアタック大作戦、てことですね。
 その辺は次回に乞うご期待。前回の訂正もそのころまでには。
posted by juppo at 02:27| Comment(0) | 堤中納言物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

虫愛づる姫君E

京都に行ってきました。無事に戻ってきて更新できることを嬉しく思います。あ、ついでに誕生日の今日、更新できたのも嬉しいです。
〈本文〉
何心なく御前(おまへ)にもて参りて、「袋などあぐるだにあやしくおもたきかな」とて、ひきあけたれば、蛇(くちなは)首をもたげたり。人々心をまどはしてののしるに、君はいとのどかにて、「なもあみだ仏、なもあみだ仏」とて、「生前のおやならむ。な騒ぎそ」とうちわななかし、顔ほかやうに、「なまめかしきうちしも、けちえんに思はむぞ、あやしき心なるや」と、うちつぶやきて、近くひきよせ給ふも、さすがに恐ろしくおぼえ給ひければ、立ち処(どころ)居(ゐ)処、蝶(てふ)のごとく、せみ声にのたまふ声の、いみじうをかしければ、人々にげさわぎて笑ひいれば、しかじかと聞こゆ。「いとあさましくむくつけき事をも聞くわざかな。さるもののあるを見る見る、みな立ちぬらむことぞあやしきや」とて、
mushimedu6-1.png
〈juppo〉京都タワーには登りませんでしたが、京都タワーの地下にあるお風呂屋さんには行きました。清水寺は修復中でした。

 さて、前回仕込んだ蛇のおもちゃ入り袋は、やっぱりこういう使用法だったのですね。他に考えられませんね。面白いのは、それくらい何てことないのでは?というキャラの姫が、結構まんまと怖がってくれていることです。虫は大丈夫でも蛇はダメなんですね。
 その、怖がってあたふたする姫の様子が、「蝶のごとく」とか「せみ声」とか虫を使って言い表しているのも面白いですね。侍女たちはその様子が滑稽だと笑い転げていますが、急に女の子らしい一面を見せる姫が、ちょっと可愛いですよね。

 一連の出来事をしかじかと姫の父に伝えたのは誰だかよくわからないのですが、笑い転げている侍女たちが自分で伝えたわけではないようなので、他の誰かと同じキャラにならない絵にしてあります。ただの伝令役なのであまり気にしないでください。

 今回、全文を訳してから一話ずつ漫画にしてるんですけど、あまり時間をかけて描いているせいで、この続きがどんな話だったかすっかり忘れています。
 次回もお楽しみに、と言いながら私も楽しみです。
 また1週間後くらいに!
posted by juppo at 23:35| Comment(0) | 堤中納言物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

虫愛づる姫君D

もう5回目ですよ。まだ続くんですかねー。
〈本文〉
いぼじり・かたつぶりなどを取り集めて、歌ひののしらせて聞かせ給ひて、我も声をうちあげて、「かたつぶりのつのの、あらそふやなぞ」といふことをうち誦(ずん)じ給ふ。わらはべの名は、例のやうなるはわびしとて、虫の名をなむつけ給ひたりける。けらを・ひきまろ・いなかたち・いなごまろ・あまひこなむなどつけて、召し使ひ給ひける。
 かかること世に聞こえて、いとうたてあることをいふ中に、ある上達部(かんだちめ)のおほむこ、うちはやりてものおぢせず、愛敬(あいぎやう)づきたるあり。この姫君の事を聞きて、「さりともこれにはおぢなむ」とて、帯の端のいとをかしげなるに、蛇(くちなは)の形をいみじく似せて、動くべきさまなどしつけて、いろこだちたる懸(かけ)袋にいれて、結びつけたる文を見れば、
 はふはふも君があたりにしたがはむ
  長き心のかぎりなき身は
とあるを、
mushimedu5.jpeg
〈juppo〉まだまだ続くんですよ〜。これでまだ、半分くらいなんじゃないかなぁ、とぼんやりと。
5回目まで描いてきて気づいたことがあります。姫が集めている虫の中にカタツムリが入っている!
カタツムリも虫ですか?昆虫の定義は体が三分割されていて脚が6本、だと思いますが、もちろんこの時代にそんな分類はないですよね。そもそも姫は昆虫に限らず、毛虫などなどを集めているんですからそんな分類以前の問題でしたね。それで、カタツムリは一応、巻貝の仲間ですね。

 とりあえず姫はカタツムリも集めています。カマキリとカタツムリに歌わせているのかと思われそうですが、歌うのは手下の子どもたちのようです。なぜそんな事をしているのか謎ですが、前回、毛虫からは故事や詩歌を思い出せない、というところで終わっていましたから、毛虫以外の虫をネタに、自分たちで歌ってしまおうという余興なんでしょうか。
 
 今回は新たな人物も登場しています。ある上達部の「おほむこ」というのは、「大御子」の事かもしれないし、「大婿」かもしれないらしいです。婿でいいか、と娘婿にしておきました。
 この人にも名前があるんですけど、次回以降に出てくるんです。後から名前が明らかになるのがこの物語のルールのようです。
 姫も変わっていますがこの男もちょっと変わってる感じです。
 世間の評判というのは悪いことほど伝わりやすいものですが、そんな評判を耳にしながらその姫の気を引こうとしています。えっ、婿なのに?
  
 「これにはビビるだろ」と言わせておきながら、毎度のことながら作り物の蛇が全然誰もビビりそうにない可愛い造形になってしまってすみません。
 蛇を「くちなは」というのは、「朽ち縄」に似ているからなんですって。いやー、縄なら朽ちててもいいですけど蛇はやだなー。

 本当はどんな作り物の蛇なのか、皆さんも想像しながら次回をお待ちください。


 今週後半は、京都に行ってきます。
 無事に帰京したら来週の今ごろ、更新します!
posted by juppo at 01:39| Comment(0) | 堤中納言物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

虫愛づる姫君C

順調に続きをお届けします。ヒマなので、ミシン踏んだりしていますよ。
〈本文〉
左近といふ人、
 冬くれば ころもたのもし寒くとも
  かはむし多く見ゆるあたりは
「衣(きぬ)など著(き)ずともあらなむかし」など言ひあへるを、とがとがしき女聞きて、「若人
たちは、何事言ひおはさうずるぞ。蝶めで給ふなる人も、もはらめでたうもおぼえず。けしからずこそおぼゆれ。さて、又(また)かはむしならべ、蝶と言ふ人ありなむやは。ただそれが蛻(もぬ)くるぞかし。そのほどを尋(たづ)ねてし給ふぞかし。それこそ心深けれ。蝶はとらふれば、手にきりつきて、いとむつかしきものぞかし。又蝶はとらふれば、わらは病(やみ)せさすなり。あなゆゆしともゆゆし」と言ふに、いとどにくさまさりて言ひあへり。
 この虫どもとらふるわらはべには、をかしきもの、かれがほしがるものを賜へば、さまざまに恐ろしげなる虫どもを取り集めて奉る。かはむしは毛などはをかしげなれど、おぼえねばさうざうしとて、
mushimedu4.jpeg
〈juppo〉口さがない侍女たちの姫へのディスりは続きます。と、そこにまたお約束のようにうるさい上司が登場するんですねー。この人はどういう人なのか詳しく書かれてないですが、「とがとがし」がもともと大人のことを言ってたのが誤って伝わってる説もあるようなので上司にしときました。そこまで解釈しなくても、話してる内容から年上の人が説諭に現れた、という感じに読めますよね。
 しかしそういう場合、たしなめられた側にとっては火に油を注いだも同然で、結局侍女たちの陰口は止まる気配がないのでありました。

 そんなやり取りは知る由もなく、虫集めに無心の姫です。虫を可愛がる姫は小さい子どもにも親切ですね。ちゃんとご褒美をあげて手なずけています。
 最後のコマで毛虫を物足りないと言っているのは、毛虫から故事や詩歌など思い出されるものがないので何か物足りない、という意味だそうですが、「おぼえねば」の意味はよく分からないセリフみたいです。
 虫を愛でて観察するに飽き足らず、文学的な側面からも楽しもうとする姫、と押さえておけば良いでしょうか。とりあえず。
 続きます。また来週、と思っています。

 
 ミシン踏んでワンピース作りました。
IMG_3466.JPG
posted by juppo at 00:31| Comment(0) | 堤中納言物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする